千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2020年 1月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 202001のエントリ

スポーツ協会表彰式(1.18)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2020-1-18 22:40
▽令和元年度印西市スポーツ協会表彰式が夕方4時から松山下公園体育館で行われました。永年にわたって協会の運営に尽力された3名の功労者、昨年7月に行われた第70回印旛民体育大会で優勝した9団体、印旛駅伝で2年連続11度目の優勝を果たした印西チームに賞状と記念品が授与されました。表彰式後に評議員会及び第3回理事会が行われた後、会場を移し、板倉市長、板橋市議会議長、大木教育長をお招きして新年賀詞交歓会が行われました。

印西近隣中学校駅伝競走大会(1.18)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2020-1-18 20:20
▽印西市、白井市、栄町の中学校12校、男子30チーム(6区間12.4km)、女子35チーム(4区間7.6km)が参加し、印西近隣中学校新人駅伝競走大会が松山下公園周回コースで行われました。冷たいみぞれが降りしきる中、11時に男子がスタート。1区でトップに立った西の原中が、3区で印旛中に11秒差まで迫られましたが、4区以降徐々に引き離し2位に32秒の大差をつけて初優勝。女子は選手宣誓をした澤井美結選手(県新人陸上1500m2位)が2位以下を大きく引き離して2区にタスキをつなぐと、後続ランナーがさらにリードを広げ独走状態に。大会記録の更新こそなりませんでしたが笑顔でゴール(3年連続)。昨年12月に行われた印旛駅伝大会を男女ともに制した西の原中の強さが光ったレースとなりました。2週間後に行われる県新人駅伝大会に出場するチーム(男子:西の原、木刈、印旛 女子:西の原、木刈)にとっては、大会に向けて力を試す絶好のレースとなったことでしょう。最高気温4度という寒さの中、選手たちは公園内のポイント区間で仲間や保護者の声援を受け、どのチームも最後まであきらめることなくタスキをつなぎ、出場した選手全員が完走することができました。今年も大会役員として印西市陸上協会、牧の里楽走会、印旛明誠高校陸上部の皆さんにお手伝いしていただき、事故なく大会を終えることができました。大会の様子はケーブルネット296で来月1日から「熱戦!スポKIDS!」(13:00〜 22:00〜)で放映されます。

順天堂大学箱根駅伝選手交流会(1.10)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2020-1-10 23:00
▽14位に終わり、来年は予選会に回ることになった順天堂大学箱根駅伝選手とJ友会会員等との交流会が行われました。選手、主務、指導者計25名が出席、悔しさをにじませながら今大会を振り返り、そして来年の大会に向けてそれぞれが熱く語ってくれました。▽交流会には、J友会会員の他に板倉市長、小坂酒々井町長、市議会議員、スポーツ協会役員など総勢60名を超える参加者がありました。その中で話題になったのは、9割近くの選手が履いたナイキの厚底シューズ(ヴェイパーフライ)。順大も全選手着用しましたが、新聞等で報道されているように「脚が自然に前に出る」とのこと。ただ他大学よりシューズの切り替えが遅かったため、履きこなせなかったようです。1区に起用された原田宗広選手(3年)は「余りにもペースが速くこのままでは後半持たない。自分のペースを守り、落ちてくる選手を拾っていこう」と10km手前で集団から離れました。ところが、集団のペースは一向に落ちず、自分と変わらない力の選手が上位で2区に引き継いでいったのです。「集団についていけばよかった」と悔やんでいましたが、後半まで持ちこたえたのはシューズの影響もあったのでしょうか。▽3区を走った橋本龍一選手(4年)は6月に印旛中で4週間教育実習を行いました。明るいキャラクターで人気者となった橋本選手に、教育実習最終日に生徒から応援メッセージ入りの赤ハチマキがプレゼントされました。11月の全日本に続いて今回も赤ハチマキをつけて力走。順位を3つ上げて(区間10位)タスキをつなぎました。卒業後はプレス工業(2020ニューイヤー駅伝34位)で競技を続け、社会人経験を積んでから中学校か高校の教員になりたいと話していました。交流会には印旛中の三浦校長と指導教官も同席し、「約束通りハチマキを巻いて走ってくれた橋本選手に感謝したい。生徒たちも喜んでいる」と紹介。「まるみや」に会場を移して2年目、選手との距離もさらに縮まり、より親近感がわいた交流会となりました。

東京箱根間往復大学駅伝競走(1.3)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2020-1-3 19:31
▽青山学院大はやっぱり強かった!大会記録を7分近く更新する見事な走りで2年ぶりにゴールテープを切りました。往路14位から巻き返しを図った地元順天堂大は順位を上げられず無念のゴール。来年は予選会に回ることになりました。▽今年はゴール間近の鍛治屋橋交差点で選手を待ち構えました。待つこと30分、トップを快走する青山学院大のランナーの姿が見えました。待ち構えていた駅伝ファンからは「ウオーッ」という大歓声が沸き起こりました。3分後に東海大が、さらに5分後に国学院、東京国際、明治、帝京の4チームが集団で通過しました。今か今かと待っていた順大は15番目に姿を現しました。昨年11月に行われた小学校駅伝大会で伴走してくれた「野田一輝」選手(4年)です。残り3km余り、歯を食いしばりながら前を追っていました。▽レース後、大学ごとに報告会が行われました。順天堂大は14位に終わったこともあり、シード権を獲得した昨年とは違って悔しい表情の選手たち。そんな中、区間登録をされながら当日の選手変更で出場を果たせなかった2年生「人見隆之選手」と「吉岡智樹選手」の顔には、来年は順大が優勝争いに加われるよう力をつけて走りたい…という意欲が感じられました。青学の強さが際立った96回大会。読売新聞社前では「青学総合V 大会新記録 復路で首位譲らず」という大きな見出しで号外が配られました。
« « 2020 1月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT