千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2020年 1月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 201912のエントリ

印西バドミントン教室(12.14)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-12-14 20:32
▽印西から世界へ!をスローガンに、6年前にスタートした「アスリート教室」。これまでも走幅跳び世界記録保持者のマイク・パウエルさん、バルセロナ五輪水泳金メダリストの岩崎恭子さんなどを講師に迎えて、世界に羽ばたく競技者の育成を目指して開催してきました。今回は市内中学生を対象に、2008年北京オリンピックでは「オグシオ」コンビで5位入賞、2012年ロンドンオリンピックにはミックスダブルスで出場した潮田玲子さんを講師に迎えてバドミントン教室を開催しました。教室には、木刈中、西の原中、小林中、滝野中の1.2年生バドミントン部員150人ほどが参加し、一流アスリートの指導を受けました。「正面に入っていい位置でシャトルを打つこと、そのためには何よりもフットワークが大切」と、参加した中学生に寄り添って適切にアドバイスを送っていました。憧れの潮田選手に「ラケットの正面できちんと打てるようにするには?」など、練習の合間にも選手たちは 積極的に質問していました。最後にエキシビションマッチを行い教室は終了。ジュニアの育成に力を尽くす潮田さんの熱心な指導を受け、オリンピアンならではの華麗なフットワーク、鋭く速いスマッシュを目の当たりにした中学生たちは、さらにやる気を増したことでしょう。バドミントン教室終了後は学校ごとに潮田さんを囲んで記念撮影。皆満足した様子で会場を後にしました。
▽千葉県中学校バドミントン新人大会(主催:千葉県小中学校体育連盟他)が、7日(土)8日(日)の2日間、松山下公園総合体育館で行われました。初日は男女団体戦が行われ、男子は松戸四中、女子は西武台千葉中が優勝しました。2日目は男女個人戦(シングルス・ダブルス)が行われ、地区予選を勝ち抜いた男女それぞれ28選手、29組が出場し熱戦を展開しました。印西市から唯一出場した滝野中女子ペアは2回戦で敗退し、ベスト8進出はなりませんでした。▽印西から世界へ!をスローガンに6年前にスタートした「アスリート教室」が、「オグシオ」で活躍した潮田玲子さんを講師に迎えて、今月14日(土)の午後2時過ぎから松山下公園総合体育館で開催されます。市内中学生バトミントン部の1.2年生が対象ですが、一般の方は2階観覧席から指導の様子をご覧になれます。

市民弓道大会(12.7)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-12-7 15:02
▽この冬一番の寒さの中、第21回市民弓道大会が松山下公園総合体育館弓道場で行われました。射会の冒頭に行う矢渡(やわたし)では、三須会長が射手、第一介添えを天ヶ谷五段、第二介添えを塚田五段が務めました。競技は一人4本ずつを3回、計12射で順位を競いました。特筆すべきは、今年の参加選手20名の中に弓道協会が毎年春に実施している弓道教室から育った選手が8名もいたことです。弓道教室出身で大会に初めて参加したご婦人は、「4年前の弓道教室に参加した後は、週1.2回のペースで皆さんと一緒にけいこに励んでいます。緊張感を味わいたいと思って今回初めて参加しました。今日はここまで1射しか当たっていませんが、これからも続けたいです」と笑顔で語っていました。優勝は10中の鳩貝俊行選手。以下7中2名による遠近の結果、宝田浩揮選手が準優勝、3位には三須俊夫選手が入りました。また、参加者全員に賞品も出るなど和気あいあいの中で楽しいひと時を過ごしていました。▽弓道協会では、武道としての弓道の魅力を伝えるため毎年5月に初心者弓道教室を開催しています。一度体験してみませんか?

印旛郡市駅伝競走大会(12.1)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-12-1 15:45
▽今年で89回目を迎えた伝統の印旛郡市駅伝競走大会は、岩名運動公園陸上競技場をスタート・ゴールとする周回コース(6区間:29.20km)で行われました。印西市は今年も順大生の力を借りてレースに臨みました。1区の堀内都哉選手(順大1年)がトップでつなぐと、2区の松浦健文選手(一般)も区間2位、続く3区小阪竜也選手(順大4年)が区間賞の快走でレースを優位に進めました。4区の須藤直樹選手(一般)も区間賞、5区の小宮堯選手(流経大3年)も区間2位の好走で成田市に3分40秒もの差をつけて最終区の岩井直輝選手(一般)に襷をつなぎました。成田市に差を詰められたものの安定した走りでゴール。昨年の優勝記録を1分19秒更新する大会新記録で、2年連続11度目の優勝を果たしました。3位は佐倉市でした。▽来年2月に行われる「千葉県新人駅伝競走大会予選会」を兼ねて行われた中学校の部では、男女ともに西の原中が優勝、女子の部で木刈中が2位、男子の部で木刈中が2位、印旛中が4位に入り、見事県大会への出場権を獲得しました。。
« « 2019 12月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT