千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2019年 2月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

トピックス - 201902のエントリ

後期テニス教室(2.17)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-2-17 17:13
▽2月10日(日)の第1回目は降雪のため中止となり、17日(日)に1週遅れて後期テニス教室がスタートしました。50人ほどの受講者がジュニア(初級・中級)、一般(初級・中級)の4つのクラスに分かれて、硬式テニス連盟の皆さんの指導を熱心に受けていました。この教室を開催するようになってすでに20数年、毎回10数人のスタッフが交代で指導しています。以前は、5月から7月にかけて8日間の日程で年1回の開催でしたが、2012年から、前期に加えてこの時期に後期テニス教室を4日間の日程で開催するようになりました。錦織選手や大坂選手をはじめとする日本人選手の活躍もあって、ここ数年参加希望者が急増中。小学生から50代までと受講者の幅はかなり広いですが、寒風が吹きつける中、少しでもスキルを高めようと元気いっぱいコートを駆け巡っていました。▽総合体育館では、500名を超える小学生が参加して「千葉県スポーツ少年団空手道交流大会」が開催されました。

いんざい室内棒高跳(2.9)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-2-9 20:00
▽I.P.V.A(印旛・ポール・ヴォウルト・アカデミー)が主催する「いんざい室内棒高跳」が、松山下公園総合体育館で行われました。今年で19回目の開催ですが、日本陸連公認大会とあって県内外から中学生、高校生、大学生、社会人106名が出場、自己記録の更新を目指して大会に臨みました。昨年は日本選手権で1位から4位までの選手が勢ぞろいし、ハイレベルな戦いとなった一般男子でしたが、今年の中心は大学生。日大、順大、清和大などから5mジャンパーが大挙出場し、会場を沸かせました。日本記録保持者の澤野大地選手は出場せず、日大選手の指導に専念していました。8月にイオンモールで行われる「街かど棒高跳」との二本立てで競技人口を増やし、日本や世界で戦える選手を育てようとI.P.V.Aの奮闘が続いています。<1日目部門別優勝者> ●一般男子 澤 慎吾(日大)5m40●中学男子 山本直樹(佐原中)3m90 ●高校男子 大野英祐(佐原高)4m30 ●一般女子 根本智子(新日鉄住金君津)3m60●中学女子 山口悠来(埼玉:片柳中)2m90 ●高校女子 杉沼凛穂(山形商)3m50
« « 2019 2月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT