千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2019年 3月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 20190111のエントリ

順天堂大学箱根駅伝選手交流会(1.11)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-1-11 19:50
▽総合8位となり、最低限の目標だったシード権を獲得した順天堂大学箱根駅伝選手と、J友会会員等との交流会が行われました。選手、主務、指導者計24名が出席、今大会を振り返り、そして来年の大会に向けてそれぞれが熱く語ってくれました。長門監督からは「今年はベストなオーダーで挑む状況ではなかったが4年生がカバーしてくれた。経験者が7人残るので、偉大なエースだった二人の穴を埋められるよう力をつけ、優勝を争えるチームに育てていきたい。」という話がありました。続いて10人の選手、そして登録されながらも走れなかった選手たち一人一人からスピーチがあり、4年生で初めて走った8区の金原選手は「何とかシード権を守ってタスキを渡すことができた。4年間の思いを箱根路にぶつけた。」9区の吉岡選手(4年)は、「シードを争う後続チームを離せたので良かった。弟から給水を受け、最高の親孝行ができたかなと思っている。」と走った選手ならではの素敵な言葉が続きました。新主将の藤曲選手が「4年生に助けられた今年の駅伝。口先で終わらないように練習をしっかり積んでチームを引っ張る。」。最後に江口主将が「順大は8位で満足するチームではない。エースは抜けるが、一人一人が力をつけ優勝を目指して箱根に臨んでほしい。」という言葉で結び、交流会を終えました。▽交流会には、J友会会員の他に杉山副市長、小坂酒々井町町長、市議会議員など総勢60名を超える参加者がありました。その中で最も注目されたのはやはり「塩尻選手」。皆さんの声に気軽に応じて笑顔で記念写真に納まっていました。「卒業後は富士通に入社し、東京オリンピックを目指して頑張ります。」と力強く宣言。山登りのスペシャリストとして5区を3年間走った山田選手は、警視庁で選手生活を続けていくとのこと。今日出席した選手の中には、来週21日(日)に広島で行われる「全国都道府県対抗男子駅伝」に出場する選手もおり、テレビを通して応援してほしいと話していました。昨年まで行われていた大学内の食堂から「まるみや」に会場を移して行われたこともあって選手との距離もぐっと縮まり、より親近感がわいた交流会となりました。
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT