千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2018年 6月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

トピックス - 201712のエントリ

中学校長距離記録会(12.23)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-12-23 17:04
▽来年2月10日(土)柏の葉陸上競技場周回コースで行われる「千葉県中学校新人駅伝大会」の予選会を兼ねた長距離記録会が松山下公園陸上競技場で行われました。記録会には印旛郡市内から男子は13組(3000m)、女子は10組(1500m)、計450人の選手が出場し、出場権をかけて激しいレースが展開されました。予選会は、男子が上位6人、女子は5人の合計タイムで順位を競い上位5校が出場権を獲得する、まさに箱根駅伝と同じ形式で行われました。男子は木刈中が1位通過、さらに3位に印西中、5位に西の原中が入りました。女子は今月行われた印旛駅伝大会優勝の西の原中が1位で通過しましたが、郡市駅伝を制した滝野中は主力選手の欠場もあって6位に終わり、出場権を逃しました。トップタイムは、男子は阿部萬季生くん(大山口中2年)の9分22秒47、女子は鈴木優菜さん(西の原中1年)の4分54秒63でした。
▽12月16日(土)、17日(日)の両日、印西近隣ミニバスケットボール大会(主催:印西市ミニバスケットボール連盟 共催:JA西印旛)が松山下公園総合体育館で行われました。大会には印西市の他、白井市、栄町から男子10チーム、女子12チームが参加しました。1日目は予選リーグが行われ、勝ち上がった男女各4チームが2日目の準決勝、決勝に臨みました。2日目は予選で敗退したチームによる5位以下の決定戦も行われ、フロアに陣取った保護者の声援を受けて一日中熱戦を展開しました。男子は「印西ブロンコス」、女子は「高花MBC」が優勝しました。

市民弓道大会(12.9)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-12-9 13:38
▽第19回市民弓道大会が松山下公園総合体育館弓道場で行われ、一人4本ずつを3回、計12射で順位を競いました。今大会には年齢が10代から70代と幅広い層の年代の選手たちが、弓道歴も1年半から30年以上という17名が参加しました。4本の矢をすべて的中することを「四矢皆中」といいますが、今大会では2名の選手が達成、4本目の矢が的中すると会場から拍手が起きました。優勝は9中の川路空夏選手(千葉工大)でした。弓道協会は、7月に行われた印旛郡市民大会で4年連続優勝を果たすとともに、5月から7月にかけて10回の弓道教室を開催して弓道愛好者を増やすなど、底辺の拡大に努めています。この日も受講した数名の市民が大会の様子を熱心に観戦していました。

印旛駅伝競走大会(12.3)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-12-3 19:23
▽朝から青空が広がり、絶好の駅伝日和となった12月3日(日)、今年で87回目を迎えた伝統の印旛郡市駅伝競走大会は、今大会から内郷小学校をスタート・ゴールとする周回コース(6区間:32.50km)に変更して行われました。印西市は今年も順大生の力を借りてレースに臨みました。1区の北村友也選手(順大1年)、続く2区の井上昂明選手(順大1年)がともに区間賞の快走で2位を大きく引き離して3区につなぎましたが、3区・4区の一般選手が振るわず6位に後退、トップを行く白井市に7分近い大差をつけられ苦しいレースとなりました。5区の森下舜也選手(順大1年)が区間賞、最終6区の小松真幸選手(七次台中職員)も区間3位の好走で追い上げましたが、上位には届かず4位でゴールイン。残り300mでトップに立った成田市が逆転優勝、2位は昨年優勝の四街道市、3位は白井市でした。来年は一般選手の底上げを図り、3年ぶりの優勝テープを切ってほしいです。▽今大会から新設された中学校女子の部(5区間:11.67km)では、西の原中が1区からトップを快走しみごと初代王者に輝きました。
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT