千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2018年 8月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 201705のエントリ

春季ゲートボール大会(5.31)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-5-31 18:45
▽「カキーン、カキーン…」大森ゲートボール場から小気味よい音が聞こえてきました。初夏の陽気となった5月31日(水)、春季市民親善ゲートボール大会が行われました。出場者の平均年齢は80代前半といったところでしょうか。10数年前までは、4コートでも足りないくらいたくさんのチームが参加していましたが、参加チームは年々減少。今回は4チーム(大森、小林、本埜、内野)による総当たり戦を1コートで行いました。この日参加した選手の最高齢は92歳の中澤さん(大森)。今でも週3日練習に参加しているそうで、この日もゲートボール歴25年以上の経験を随所に発揮し、チームの勝利に貢献していました。数年前「ゲートボールは団体戦、グラウンドゴルフやパークゴルフは個人競技。最近は団体戦を嫌っているのか、ゴルフのほうに行く人が増えている。ゲートボールは頭を使うし、ボケ防止には最高なんだけどね…。」という声を聞きました。今日の大会では、そんなゲートボールの魅力を感じさせるスーパープレイを数多く見ることができました。昼休みには、大森の皆さんが用意してくれた新鮮な野菜がいっぱい入ったトン汁をごちそうになり、選手たちは午後2時過ぎまでゲームを楽しんでいました。

三支部対抗陸上競技大会(5.27)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-5-29 21:12
▽“三支部を制する者は県をも制す”といわれるほど毎年高いレベルで競われる「第54回三支部(香取・東総・印旛)対抗陸上競技大会」が松山下公園陸上競技場で行われました。大会には各地区の予選を勝ち抜いた500人あまりの選手が出場しました。前日の雨も上がり、朝から晴れ間が広がったこの日、この時期にしては珍しく追い風3.4mの風を受け、短距離種目を中心に好記録が続出しました。男女計32種目が行われ、層の厚い印旛が男女ともに総合優勝。最優秀選手賞には、短距離2種目とリレーを好記録で制した(100m 11秒07 200m 22秒38 4×100mR 44秒80)今井佑里選手(印旛:井野中)、女子800mで大会記録を更新(2分14秒21)した中村仁美選手(香取:小見川中)が選ばれました。印西市の中学生で上位3位までに入賞した選手は次のとおりです。 ≪男子の部≫ ◆共通800m 1位 稲葉 源(木刈)2分02秒73 ◆共通棒高跳 2位 飯塚蒼太(印西)3m90 ◆共通走幅跳 2位 伊藤隼人(西の原)6m07 ◆共通4種競技 2位 吉野綾馬(西の原)2142点 ≪女子の部≫ ◆共通200m 1位 梶谷茉帆(船穂)25秒56 ◆1年走幅跳 1位 亀田紘花(西の原)4m91◆共通棒高跳 1位 遠藤朱理(木刈)2m90 2位 武井 凛(印旛)2m80 ◆1年100m 3位 篠原美咲(印西)12秒87

春季市民バドミントン大会(5.28)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-5-28 18:03
▽春季市民バドミントン大会が松山下公園総合体育館で行われました。この時期は近隣大会が重なることもあって参加選手は男女合わせて37組74人とやや寂しい大会となりました。それでも昨年参加者ゼロだった中学生の女子選手(木刈、西の原、桜台)が数多く参加。「今日はさながら中学校の大会のよう」という声が聞かれるほど、女子の部は中学生の活躍が目につきました。参加した選手たちは、今大会の賞品「印西産のメロン、トウモロコシ」の獲得を目指して、それぞれのレベルに応じた部門で夕方遅くまで熱戦を展開していました。

春季市民ソフトボール大会(5.21)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-5-21 17:45
▽男子4チーム(印西ニュータウンクラブ、戸神台ウインズ、いには野ゴッズ、船穂アスレチックス)が参加し、平岡グラウンドで春季ソフトボール大会が行われました。決勝は、戸神台ウインズと船穂アスレチックスが対戦。初回に5点を先制し、序盤から試合を優位に進めた船穂が14−1で快勝。市民大会7連覇中の戸神台を破り初優勝を果たしました。 ▽7月に開催される印旛郡市民体育大会では、ソフトボール男子はここ数年1回戦敗退が続いています。上位に進出するためには選手層を厚くすることにつきます。9月に行われる秋季大会には、より多くのチームに参加してほしいです。

第3部会小学校陸上競技大会(5.17)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-5-17 20:20
▽第3部会(印西市・白井市)全29校の児童が参加し、松山下公園陸上競技場で56回目となる伝統の小学校陸上競技大会が行われました。いには野小男子2名の元気いっぱいの選手宣誓の後、8時45分に競技がスタートしました。この日は最高気温が19度と肌寒い天候でしたが、1m前後の追い風を受ける絶好のコンディション。朝早くから観客席に陣取り必死にわが子を応援する保護者、そして、選手が紹介されるたびに各小学校の応援席からすさまじい大きな声が飛び交うなど大会は大いに盛り上がりました。クラス11人から選んでメンバーを組み5年男子のリレーを制した六合小、7種目優勝の原小、優勝は2種目ながら全体的に大きく躍進した大森小の活躍が光りました。今日の大会で7位までに入賞した選手(種目によっては4位ないし5位まで)は、5月30日(火)に成田市で行われる印旛郡市大会に出場します。 <印西市小学生優勝者> ■5年女子100m 伊藤 蘭(原)14秒75 ■5年男子100m 岩崎一弥(大森)14秒46 ■6年女子100m 飯野流菜(原)13秒94 ■5年女子60mH 逸見めい(高花)10秒78 ■5年男子60mH 井川泰成(内野)10秒71 ■5年女子800m 木嶋璃桜(高花)2分33秒34(大会新) ■6年女子800m ラドキ楓(原)2分34秒36 ■5年男子1000m 千葉拓弥(原)3分22秒10 ■6年男子800m 佐野千隼(木刈)3分15秒83 ■5年男子走幅跳 齋藤悠太郎(平賀)3m86 ■6年男子走幅跳 中島 歩(小倉台)4m81 ■6年男子走幅跳 濱田 周(木刈)4m43 ■5年男子走高跳 渡邉 開(小倉台)1m28 ■6年女子走高跳 金山結菜(いには野)1m28 ■6年男子走高跳 荒川晃輝(西の原)1m36 ■5年女子ボール投げ 小沼 和(本埜二)36m35 ■5年男子ボール投げ 仁岸 翼(原)47m84 ■6年女子ボール投げ 荒井遥那(大森)41m45 ■5年女子400mR 原 60秒43 ■5年男子400mR 六合 60秒27 ■6年女子400mR 原 57秒83

寿野球全国大会(5.14)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-5-15 16:15
▽5月14日(日)、第42回寿野球全国大会が長野県千曲市で開催されました。寿野球の出場資格は40歳以上で、出場する9人の平均年齢が50歳を超えるチーム編成で行われます。前日の夕方には雨も上がり、朝から青空が広がる上天気となりましたが、前日激しく降り続いた雨の影響で開会式は屋内運動場で、さらに会場によっては開始時間を2時間ほど遅らせるなど、大会関係者は会場整備に大わらわでした。そんな悪条件の中でしたが、今年も全国各地から63チームが参加し、市内16会場で熱戦が繰り広げられました。▽印西市からは、第8回大会から出場している「寿印西エンドレス」がランク12位で大会に臨みました。 1回戦の相手は「十日町モンスターズクラブ」(新潟県)。初回長打攻勢を浴びいきなり3点を先制される苦しいスタートとなりました。3回にスリーランホームランが飛び出し逆転したものの最終回に再び逆転を許す苦しい展開に。それでも最後の攻撃で何とか追いつき引き分けに持ち込みました。第2戦は高岡西部名球会(富山県)と対戦。この試合も序盤から優位に進め、1点リードで最終回へ。しかし強打の高岡打線につかまり大量12点を奪われ万事休す。2試合共に終盤で力尽く残念な結果となりました。

春季市民空手道大会(5.7)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2017-5-7 19:30
▽春季印西市空手道大会が松山下公園総合体育館で行われました。今大会には115選手が参加し、日ごろ鍛えた技と力をぶつけ合いました。午前中は「形」の部が、午後からは「組手」の部がそれぞれトーナメント方式で行われました。初めて大会に出場した幼年部門の子どもたちも小学生に負けない元気な返事を、そして背筋を伸ばして試合に臨んでいました。まさに礼節を重んじる空手道ならではの伝統・文化を感じました。春季大会は市民限定の大会ですが、各部門ともにレベルの高い試合が展開されました。秋季大会は11月23日(祝)に松山下公園総合体育館で行われます。
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT