千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ

トピックス - 201612のエントリ

男女混合バレーボール大会(12.23)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2016-12-23 17:20
▽今年で6回目の開催となる「男女混合バレーボール大会」が松山下公園総合体育館で行われました。この大会の前身は、旧本埜村・印旛村で10数年にわたって行われていた「村民バレーボール大会」です。本埜は男子、印旛は女子をメーンとしたチーム編成で行っていましたが、印西市の大会は「男性が入る場合は1チーム3名まで、男性のサーブは肩から下で打つこと、セッターに入ってもよいがブロックとスパイクは禁止」とし、試合は4ブロックに分かれて総当たりのリーグ戦で行われます。(2セットマッチ:5チームのブロックは15点先取、4チームのブロックは21点先取 1−1の場合は得失点差で、同点の場合は9人によるジャンケン)例年12月の第1日曜日に開催していますが、今年は祝日開催ということもあり参加は18チーム(昨年は23チーム)に留まりました。どのチームも和気あいあい、混合チームならではの明るい雰囲気で夕方遅くまでゲームを楽しんでいました。
▽先月八王子市で行われた「第5回スポーツ鬼ごっこ全国大会」U-12で2年ぶり3度目の優勝を果たした「いんばジュニアランニングクラブ(通称ランクラ)を取材に伺いました。午後6時、練習会場の印旛中央公園多目的グラウンドに70名を超える小学生が集まり練習開始。2004年(平成17年)4月に4名の子どもたちでスタートしましたが、今では小学生が87名、スポーツ鬼ごっこコースの中高生も含めると105名の大所帯となりました。冬場ということもあり、この日は陸上競技の基礎練習が中心でした。「マラソン大会で少しでも上位に入りたい」「親に勧められて」「姉・兄がやっていたから」と動機は様々ですが、どの子もやる気十分。練習メニューを次々とこなしていきました。指導スタッフは現在10名、クラブ代表成田勝也さんの母校である順天堂大学の学生たちが中心です。最後にグラウンド全面を使った鬼ごっこで汗をかき、午後7時半過ぎに練習終了。成田さんは「ここから冬場の活動では、新規募集を含めた来年度への準備もしながら、子どもたちがさらに成長できるよう基礎基本を徹底し、ランクラらしく楽しいこともたくさんやりながらがんばっていきます!」と話していました。*3月中旬発行予定の「スポーツいんざい」第30号の誌面で改めて紹介します。

市民弓道大会(12.10)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2016-12-10 13:10
▽今年で18回目の開催となる市民弓道大会が松山下公園総合体育館弓道場で行われました。競技は一人4本ずつを3回、計12射で順位を競いました。優勝は8中の松下吾朗選手、2位は7中の大川征人選手、3位は6中の塚田雅裕選手でした。中学生として初めて参加した渡辺さん(印旛中2年)も3中と健闘しました。弓道協会は、7月に行われた印旛郡市民大会で3年連続優勝を果たすとともに、5月から7月にかけて10回の弓道教室を開催(教室の様子は6月19日にHPで発信)して弓道愛好者を増やすなど、底辺の拡大に努めています。

印旛郡市駅伝競走大会(12.4)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2016-12-4 15:00
▽朝から青空が広がり、絶好の駅伝日和となった12月4日(日)、今年で86回目を迎えた伝統の印旛郡市駅伝競走大会が、岩名運動公園陸上競技場(佐倉市)〜滝野小学校折り返しのコース(6区間:34.68km)で行われました。印西市は、今年も順大生の力を借り3連覇を目指してレースに臨みました。3位でタスキを受けた2区の堀井選手(一般)が3年連続となる区間賞の快走をみせ、1位白井市とはわずか17秒差の2位に浮上。しかし、つなぎの3区、4区が振るわず、4区中継点ではトップを行く白井市に4分近い大差をつけられ4位に後退。5区平川選手(順大1年)が区間賞、6区横島選手(順大1年)も区間2位と好走しましたが、中盤の遅れが響き優勝した四街道市とは2分57秒差の3位でゴールイン。ここ5年間で優勝3回を誇る印西市、来年は一般選手の底上げを図り、再び優勝テープを切ってほしいです。▽印西市から6校が出場した中学生の部(出場27校29チーム)では、木刈中が3位と健闘しました。
« « 2016 12月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT