千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2020年 10月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 20161127のエントリ

秋季市民バスケットボール大会(11.27)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2016-11-27 17:10
▽秋季市民バスケットボール大会の準決勝・決勝が松山下公園総合体育館で行われました。男子1部の決勝戦は、2大会ぶりの優勝を狙うBUTと今大会初出場のTKDクラブとの対戦となりました。試合は一進一退の攻防を繰り広げましたが、オフェンス、リバウンドを制し着実に得点を重ねたTKDクラブが、前半を29対22の7点リードで終えました。後半に入ると、ハーフタイムに作戦を練り直したBUTが徐々にペースをつかみ、33対31と逆転。しかし、慌てないTKDクラブはすぐに同点とし、試合は一段と白熱する展開になりましたが、ここで3連続3Pシュートを決めたTKDクラブが、追いすがるBUTをそのまま振り切り53対45で勝利し、みごと初出場・初優勝を果たしました。女子決勝戦は、春季大会優勝のI.L.B.Cと初優勝を狙うNAOGとの対戦となりました。両チームとも持ち味を発揮し得点に繋げていく展開で進み、前半は32対24でI.L.B.Cが8点リードして終了。後半は、相手の空いたスペースを巧みに突いた攻撃と堅いディフェンスで相手を寄せ付けないI.L.B.Cに対し、NAOGはプレッシャーからか、本来のオフェンス・ディフェンスが出来ないまま68対44の大差をつけられ試合終了。貫禄の優勝を成し遂げたI.L.B.Cは市民大会5連覇を達成しました。

秋季市民ペタンク大会

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2016-11-27 16:00
▽秋季市民オープンペタンク大会が松山下公園多目的広場で行われました。大会には県内外から40チーム(1チーム3名編成 印西市からは6チームが出場)が参加し、4チームによるリーグ戦の後、上位2チームが決勝トーナメントに進出する方法で行われました。ペタンクは「陸上のカーリング」とも呼ばれ、2チームが同じ投球位置から最初に投げる木製の目標球(ビュット)に向かって金属製のボール(ブール)を投げ合い、相手より何個ボールを近寄せることができるかを競います。午前中は雨という予報でしたが、競技が始まるとともに空が明るくなり、風もなくペタンク競技には最高のコンディション(大会関係者の声)に恵まれたこの日、平均年齢60歳(最高年齢90歳)の選手たちは日ごろの練習の成果を発揮しようと、真剣な表情で熱戦を展開していました。▽松山下公園では、総合体育館で市民バスケットボール大会、野球場では木下杯少年野球大会、そして陸上競技場では市制施行20周年記念少年サッカー大会(小学1.2年生対象)が行われ、一日中大賑わいでした。
« « 2016 11月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT