千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ

トピックス - 201611のエントリ

印西小学校駅伝競走大会(11.29)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2016-11-29 15:10
▽今回で11回目の開催となる印西小学校駅伝競走大会が松山下公園周回コースで行われました。心配された風も吹かず時折日差しのさす絶好のコンデションに恵まれ、市内全21校男女64チームが白熱したレースを展開しました。開会式で選手を代表して永治小の2選手が元気よく宣誓し、8時57分に女子(5区間6.753km:参加30チーム)がスタートしました。1区で4秒差の2位と好位置につけた「滝野小」が2区でトップに立つと、その後も安定した走りでタスキをつなぎ、見事初優勝を果たしました。2位は「原小」、3位は「小倉台小」でした。男子(5区間8.121km:参加34チーム)は、3区まで小差の3位につけた「木刈小」が、区間記録を8秒更新する4区の快走でトップに浮上。最終5区では、2秒差で追う「いには野小」とゴールまで激しい競り合いが続きましたが、1秒差で振り切り8年ぶり3回目の優勝。3位は「大森小」でした。3位まで入賞したチーム全員にメダルが、そして区間賞を獲得した選手に楯が贈られました。また、毎年記録を更新している「本埜二小女子チーム」と「平賀小男子チーム」に敢闘賞が贈られました。来年3月をもって統廃合となる永治小は今大会がラストラン。思い出に残る走りをしようと練習に取り組んできましたが、この日体調不良のため4選手が欠席。女子はゴールできたものの、男子は4区で打ち切りとなり残念な結果となりました。各小学校ともに、児童が沿道に立ち大きな声を出して応援していました。自分のチームだけでなく、どのチームにも分け隔てなく声援を送る姿は立派でした。今年も順天堂大学の長距離3選手が全区間を伴走してくれました。新春に行われる箱根駅伝に出場する選手たちの伴走を受けて、子どもたちも心強かったことでしょう。

秋季市民バスケットボール大会(11.27)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2016-11-27 17:10
▽秋季市民バスケットボール大会の準決勝・決勝が松山下公園総合体育館で行われました。男子1部の決勝戦は、2大会ぶりの優勝を狙うBUTと今大会初出場のTKDクラブとの対戦となりました。試合は一進一退の攻防を繰り広げましたが、オフェンス、リバウンドを制し着実に得点を重ねたTKDクラブが、前半を29対22の7点リードで終えました。後半に入ると、ハーフタイムに作戦を練り直したBUTが徐々にペースをつかみ、33対31と逆転。しかし、慌てないTKDクラブはすぐに同点とし、試合は一段と白熱する展開になりましたが、ここで3連続3Pシュートを決めたTKDクラブが、追いすがるBUTをそのまま振り切り53対45で勝利し、みごと初出場・初優勝を果たしました。女子決勝戦は、春季大会優勝のI.L.B.Cと初優勝を狙うNAOGとの対戦となりました。両チームとも持ち味を発揮し得点に繋げていく展開で進み、前半は32対24でI.L.B.Cが8点リードして終了。後半は、相手の空いたスペースを巧みに突いた攻撃と堅いディフェンスで相手を寄せ付けないI.L.B.Cに対し、NAOGはプレッシャーからか、本来のオフェンス・ディフェンスが出来ないまま68対44の大差をつけられ試合終了。貫禄の優勝を成し遂げたI.L.B.Cは市民大会5連覇を達成しました。

秋季市民ペタンク大会

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2016-11-27 16:00
▽秋季市民オープンペタンク大会が松山下公園多目的広場で行われました。大会には県内外から40チーム(1チーム3名編成 印西市からは6チームが出場)が参加し、4チームによるリーグ戦の後、上位2チームが決勝トーナメントに進出する方法で行われました。ペタンクは「陸上のカーリング」とも呼ばれ、2チームが同じ投球位置から最初に投げる木製の目標球(ビュット)に向かって金属製のボール(ブール)を投げ合い、相手より何個ボールを近寄せることができるかを競います。午前中は雨という予報でしたが、競技が始まるとともに空が明るくなり、風もなくペタンク競技には最高のコンディション(大会関係者の声)に恵まれたこの日、平均年齢60歳(最高年齢90歳)の選手たちは日ごろの練習の成果を発揮しようと、真剣な表情で熱戦を展開していました。▽松山下公園では、総合体育館で市民バスケットボール大会、野球場では木下杯少年野球大会、そして陸上競技場では市制施行20周年記念少年サッカー大会(小学1.2年生対象)が行われ、一日中大賑わいでした。

秋季市民バドミントン大会(11.23)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2016-11-23 17:46
▽「秋季市民バドミントン大会」個人戦が松山下公園総合体育館で行われました。今大会には男女38組が出場、実力に応じた自己申告制により3部に分かれて予選リーグを行い、ベスト4が決勝トーナメント進出という試合形式で行われました。大会には大人に交じって中学生(滝野中、桜台中)が参加しましたが、ほとんどの中学生は本格的にバドミントンを始めて2年足らず。狭いコート、しかも経験とテクニックがものをいう競技だけに、社会人相手に苦戦していました。▽野球場では木下杯少年野球大会2回戦4試合が、陸上競技場では千葉県少年サッカー選手権3年生大会準決勝・決勝が行われました。真冬並みの寒さの中、多くの父母がスタンドに陣取り、盛んに声援を送っていました。

印西近隣中学校招待卓球大会(11.3)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2016-11-3 20:20
▽「第36回印西近隣中学校招待卓球大会」が松山下公園総合体育館で行われました。今大会には男子31校、女子25校が参加し、午前中予選リーグ、午後から予選を勝ち抜いた各グループの1位・2位が決勝トーナメント進出という方法(4単1複)で行われ、予選から息詰まる熱戦が繰り広げられました。男子決勝は愛宕中(茨城県守谷市)と一昨年準優勝の東邦大付属中、女子は栄中と松戸三中の対戦となりましたが、愛宕中と栄中がともに3−0で下し初優勝しました。女子の栄中は、予選リーグ、決勝トーナメント5試合を1セットも落とさない圧倒的な強さを発揮しての優勝でした。決勝トーナメントと並行して、予選で敗退したチーム同士による交流試合が34台用意した卓球台をフル活用して行われなど、この日の体育館はまさに卓球デーの様相。前日の会場準備、当日の大会運営、後始末と、率先してお手伝いをいただいた市卓球連盟の皆さんに感謝です。
« « 2016 11月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT