千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2018年 12月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 201605のエントリ

春季市民バドミントン大会(5.29)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2016-5-29 19:30
▽春季市民バドミントン大会が松山下公園総合体育館で行われました。春季大会は毎年6月に開催していますが、今年は初めて5月に開催。その影響もあってか、参加選手は男女合わせて25組50人とやや寂しい大会となりました。例年参加者の1/3以上を占める中学生の参加はゼロ。学校行事や中学校大会と重なってしまったようです。それでも参加した選手たちは、それぞれのレベルに応じた部門で夕方遅くまで熱戦を展開していました。▽今月8日から始まったテニス教室は今日で3回目。受講者たちはさわやかな五月晴れの下で熱心に指導を受けていました。

三支部対抗陸上競技大会(5.28)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2016-5-28 21:20
▽“三支部を制する者は県をも制す”といわれるほど毎年高いレベルで競われる「第53回三支部(香取・東総・印旛)対抗陸上競技大会」が松山下公園陸上競技場で行われました。大会には各地区の予選を勝ち抜いた500人あまりの選手が出場しました。曇り空、微風と条件にも恵まれ、県通信大会参加標準記録はおろか、全国大会標準記録をも突破するすばらしい記録が誕生するなど、大会は大いに盛り上がりました。男女計32種目が行われ、層の厚い印旛が男女ともに総合優勝。最優秀選手賞には、長距離2種目を好記録で制した(3000m8分55秒53 1500m4分08秒90)石井一希選手(印旛:富里中)、女子共通棒高跳で大会記録を10cm更新する2m90を跳んだ岡田葉萌選手(印旛:桜台中)が選ばれました。印西市の中学生で上位3位までに入賞した選手は次のとおりです。 ≪男子の部≫ ◆共通400m 3位 満保涼眞(西の原)53秒68 ◆共通110H 2位 森 蒼慧(木刈)16秒33 ◆共通砲丸投 3位 青木柊斗(西の原)10m56 ◆共通4種競技 1位 広田義紀(木刈)1986点 2位 櫻田優哉(西の原)1944点 ≪女子の部≫ ◆共通200m 2位 稲葉志穂(木刈)26秒45 ◆共通4×100mR 1位 木刈 50秒74 ◆共通走幅跳 2位 上野菜穂(木刈)5m27

第3部会小学校陸上競技大会(5.18)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2016-5-18 20:50
▽第3部会(印西市・白井市)全30校の児童が参加し、松山下公園陸上競技場で55回目となる伝統の小学校陸上競技大会が行われました。平賀小男女2名の元気いっぱいの選手宣誓の後、8時45分に競技がスタートしました。前夜の雨も上がり、朝からさわやかな青空が広がり、しかも微風という絶好のコンディション。朝早くから観客席に陣取り必死にわが子を応援する保護者、そして、選手が紹介されるたびに各小学校の応援席からすさまじい大きな声が飛び交うなど、大会は大いに盛り上がりました。1〜2mの追い風を受けて、5年男子と6年女子が12秒台という「とてつもないタイム」をマークするなど、今大会では5種目6人が大会記録を更新しました。今日の大会で7位までに入賞した選手(種目によっては4位ないし5位まで)は、5月31日(火)に成田市で行われる印旛郡市大会に出場します。▽全校児童22名の永治小が5種目で上位入賞を果たす大活躍を見せました。5年生は在籍6名ですが何と4名が入賞。すごい!     <印西市小学生優勝者> ■5年女子100m 原田 和(小倉台)14秒09(大会新) ■6年女子100m 篠原美咲(木下)12秒95(大会新) ■6年男子100m 山口優人(いには野)13秒28 ■5年男子60mH 田本拓海(小林北)9秒99 ■6年男子80mH 浅沼秀佑(原)12秒92 ■5年女子800m ラドキ楓(原)2分42秒84 ■6年女子800m 川田愛未(高花)2分27秒96(大会新) ■5年女子走幅跳 羽原萌果(原)3m49 ■6年女子走幅跳 川森真衣(本埜二)4m34 ■6年男子走幅跳 濱田 周(木刈)4m43 ■5年女子走高跳 荒川瑠海(西の原)1m20 ■5年男子走高跳 日高晴輝(滝野)1m35 ■6年女子走高跳 福富 里(小倉台)1m22 ■6年男子走高跳 瓜屋 龍(いには野)1m36 ■5年男子ボール投げ 杉田杏介 47m34 ■6年女子ボール投げ 野村果凛 37m87 ■6年男子400mR 滝野 54秒57

寿野球全国大会(5.8)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2016-5-8 23:50
▽5月8日(日)、第41回寿野球全国大会が長野県千曲市で開催されました。寿野球の出場資格は40歳以上で、出場する9人の平均年齢が50歳を超えるチーム編成で行われます。今年も五月晴れの絶好のコンディション、全国各地から63チームが参加し、市内16会場で熱戦が繰り広げられました。印西市からは、第8回大会から出場している「寿印西エンドレス」がランク16位で大会に臨みました。 ▽1回戦の相手は今回初めて対戦する「長越愛球会」(長野市)。初回コントロールに苦しむ投手相手に2本のタイムリーヒットと内野ゴロなどで4点を先制、3回には相手守備の乱れに乗じて7点を奪い11−2で快勝しました。決勝は昨年ランク4位の寿野球熊野クラブ(三重県)と対戦。初回幸先よく1点を先制したものの、2回突如コントロールを乱し無死満塁の大ピンチ。コントロールが定まらず四球とデッドボールで逆転され、さらにストライクを取りに行ったボールを痛打されるなど、この回だけで大量8点を奪われてしまいました。その後2点を返す粘りを見せましたが反撃もここまで。3−9で敗れ、今年も優勝旗を持ち帰ることができませんでした。優勝は逃しましたが、新緑がまぶしい山々をバックに全力で戦った選手たちは、満足げな表情で千曲市を後にしました。
« « 2016 5月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT