千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2018年 8月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • カテゴリ 各種大会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

トピックス - 各種大会カテゴリのエントリ

六軒相撲大会(8.23)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2008-8-25 8:50

▽この季節恒例の「六軒相撲大会」が厳島神社境内で行われました。六軒地区が生んだ郷土の誇り第24代横綱「鳳谷五郎」を顕彰し後世に伝えようと、六軒相撲実行委員会が主催し14年前から始まった由緒ある相撲大会です。大会2日前から準備を進めてきた土俵には4本柱が組まれ、市内少年野球チームの300人ほどの子どもたちが参加して熱戦が繰り広げられました。19チームが参加した団体戦は、印西メッツチーム(厳島部屋)が草深ベアーズチーム(横車部屋)を5−0で下して優勝。(優勝旗、優勝杯、金メダルとともに、出場した5人にそれぞれ米10kgという豪華賞品)個人戦は4年、5年、6年の学年別に行われました。参加した子どもには賞金(負けても100円、1勝すると200円…、5人抜きすると1,000円)が出るだけに、豆力士たちは目の色を変えて取り組んでいました。中には男の子を負かす女の子もいたり、5番連続して取り直しとなる対戦もあったり…と。そして最後に女性たちによる「尻相撲」。こちらも豪華賞品(1位米10kg、2位5kg、3位3kg)が用意され、和やかな雰囲気の中で真剣勝負が展開されました。「子どもだけでなく、大人も一緒に楽しめる」六軒相撲大会。「もっともっと多くの小学生が参加して、伝統ある相撲を大いに楽しんでほしい」と大会関係者。力士の不祥事が続き国技大相撲が揺れているときだけに、みんなの力で相撲を盛り上げてほしいと思いました。

▽先月開催された「第59回印旛郡市民体育大会」の総合閉会式が酒々井町中央公民館で行われました。140点という他市町村を圧倒する強さを見せた佐倉市に優勝旗と優勝杯が、そして、総合得点99点の印西市に準優勝杯が授与されました。来年の大会は本埜村を主会場に印西地区(本埜村、印旛村、栄町、白井市、印西市)で開催されます。閉会式終了後、来月から始まる県民体育大会の選手壮行会が行われました。印西市からも陸上競技、テニス、卓球、ソフトテニス、ラグビーなどの競技に、印旛郡市を代表して多くの選手が出場します。壮行会では、選手を代表して柔道に出場する酒々井町の男子選手が力強く選手宣誓を行いました。

2008街かど棒高跳(8.2)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2008-8-2 17:40

▽午後からイオンモールコスモス広場で「街かど棒高跳」(主催:印旛ポールヴォウルトアカデミー 後援:印西市教育委員会)が行われました。棒高跳びの普及とPRを目的に、2001年にスタートしたこの大会も今年で8回目。大会要項には、北京オリンピックで活躍が期待される澤野大地選手の名が5m30の大会記録保持者として掲載されていました。今日行われた一般の部には38名が参加。4mを超える高さを軽々とクリヤーしていく選手たち。そのたびに観戦する買い物客の皆さんから「ウォー」という驚きの歓声と拍手が…。こんな間近で、そしてこのような身近な場所で棒高跳びの醍醐味を味わえる皆さんはラッキーです。6月に行われた日本選手権に出場した女子選手も参加しましたが、男子に負けない力強い跳躍にひときわ大きな拍手が送られていました。「大学の一線級も参加しているだけに、今日は5m近い跳躍をみせてくれるはず」と大会関係者。明日は午前10時から中学生の部が行われます。

学校プール夏休み一般開放(7.29)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2008-7-29 12:20

▽市内8小学校(木下、小林北、小倉台、内野、高花、西の原、船穂、永治)のプール開放(入場料無料)が今月の25日(金)からスタートしました。市内在住の小学生以上の方が対象ですが、利用しているのはほとんど小学生。夏休みに入って猛暑が続いていることもあって、どの学校のプールも賑わっています。来月3日(日)が開放の最終日となります。開放時間は、午前の部が9時30分〜11時20分、午後の部は1時30分〜3時20分です。

▽木曜日から習志野カントリークラブで行われている「LPGAプレイヤーズチャンピオンシップ」は今日から決勝ラウンド。土曜日ということもあって朝早くから多くのギャラリーが駆けつけ、横峰さくらなどトッププロの華麗なショットに歓声を上げていました。そんな中、クイーンコース18番グリーンで60組の親子が参加して「第1回親子スナッグゴルフ大会」が行われました。9ホール(パー35)用意された特設コースで熱戦が展開されましたが、第1回チャンピオンに輝いたのは畑中さん親子(大森)。子ども(小学3年生〜6年生)が先に打ち、その後は親子が交互に打つルールでしたが、「6月に行われた千葉県予選会で4位に終り、全国大会出場がかなわなかった娘のためにがんばりました。」というお父さんの見事なリカバリーショットもあって、スコアは脅威の11アンダー。2位に6打差をつけるみごとな優勝でした。競技役員として体育指導員13名が参加して大会を支えていただきました。

▽ソフトテニス男子(優勝)▽バスケットボール男子(準優勝)▽バスケットボール女子(準優勝)▽ソフトボール女子(準優勝)▽卓球女子(準優勝)▽柔道(3位)▽空手道(3位)▽卓球男子(3位)▽陸上競技女子(3位)バドミントン男子(3位)▽バレーボール女子(3位)▽ソフトテニス女子(3位)▽テニス男子(3位)▽テニス女子(3位)▽陸上競技男子(4位)▽バレーボール男子(2回戦敗退)▽剣道(2回戦敗退)▽バドミントン女子(1回戦敗退)
■ソフトテニス男子の優勝(9点)をはじめ、印西市は99点を獲得し、昨年に引き続き総合第2位という成績でした。選手の皆さんお疲れさまでした。
(ソフトテニス団体戦は毎年準決勝まではいくのですが、今一歩の10数年でした。近年、中学・高校を卒業したメンバーが徐々に活性化してきた折、「今年こそ!」の意気込みで大会に臨み、悲願の優勝を勝ち取ることができました。(壮年と若手が一緒になって勝ち得た、いや、若手に引っ張られての優勝でした…。」また、女子の部でも、1勝1敗のタイブレークで臨んだ女子高生が一般バリバリの栄町に一歩及ばず敗れたものの、相手を大いに苦しめ、来年の大会に向けて貴重な体験ができたと思います。)
*悲願の優勝を果たしたソフトテニスクラブから体協会長あてに送られてきたメールです。

▽クレー射撃(8位) ▽男子バスケットボール1回戦 印西市94−52八街市 ▽女子バスケットボール1回戦 印西市81−32白井市(男女共に準決勝進出) ▽サッカー準決勝 印西市1−2八街市(第3位) ▽テニス男子 予選リーグ2勝(準決勝進出) ▽テニス女子 予選リーグ2勝(準決勝進出) ▽ソフトボール男子1回戦 印西市9−13栄町 ▽ソフトボール女子1回戦 印西市11−4富里市
▽30度を超える猛暑の中、印西チームはベテランと若手の息がよくかみ合い上々のスタートを切ることができました。明日は大会最終日、陸上競技や剣道、柔道など12種目が行われます。なお、16日(水)に久能カントリークラブで行われたゴルフ競技では、ライバル佐倉市に2打差をつけ優勝しました。

第59回印旛郡市民体育大会初日(7.13)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2008-7-13 17:00

▽第59回印旛郡市民体育大会がスタートしました。初日は、相撲、弓道、軟式野球、サッカーの4種目が行われました。中台運動公園相撲場で行われた相撲競技は、健闘空しく4戦全敗に終わり無念の最下位。八街スポーツプラザで行われた弓道競技は、1・2回目を終えた時点では連覇を狙える好位置につけていましたが、最終の3回目にミスを連発し第7位。岩名運動公園野球場で行われた軟式野球は1回戦で白井市と対戦。互いに譲らぬ好ゲームとなり、1−1のまま特別ルールによる延長戦に。しかし、ここで力尽き1−5で初戦敗退。四街道運動公園多目的広場で行われたサッカーは、白井市を相手に持ち前のスピードのある攻撃を見せ4−1で快勝。19日(土)に八街市と決勝進出をかけて対戦します。

春季市民バドミントン大会(7.6)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2008-7-6 13:00

▽小倉台小と木刈小の体育館を会場にして春季市民バドミントン大会が行われました。今大会には37組のペアが参加し、一日中熱戦が繰り広げられました。大会は自己申告により1部と2部に分かれ、3人から4人のリーグ戦を勝ち抜いた選手が決勝トーナメントに進みます。30度を超える猛暑となったこの日、競技の性質上窓を開けられない会場は、蒸し風呂のような状態でしたが、選手たちは汗だくになって競技に集中していました。男子1部は鳥羽・中野ペア、女子1部は鳥羽・櫻井ペアが優勝しました。

▽プリミエール酒々井で第59回印旛郡市民体育大会の総合開会式が行われました。昨年総合優勝の佐倉市から優勝旗が返還された後、社会体育功労者、優秀スポーツ選手・団体表彰が行われました。大会会長の小阪酒々井町長から大会の成功を祈念する挨拶があり、最後に酒々井選手団が力強く選手宣誓を行い開会式を終えました。大会には印旛郡市10市町村が参加し、今月13日(日)、19日(土)、20日(日)の3日間、17競技で総合優勝を目指して戦います。夕方から行われた監督会議の席上で、山市長から「一致団結して大会に臨み、個々の力を十分に発揮して、ぜひ優勝を目指してがんばってほしい。」という激励の言葉を受けました。昨年は総合準優勝と悔しい思いをしているだけに、今年はきっとやってくれることでしょう。
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT