千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
  • カテゴリ 各種大会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

トピックス - 各種大会カテゴリのエントリ

第68回印旛郡市民体育大会4日目(7.16)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-7-16 19:18
▽中心会期となる大会4日目は、35度を超える猛暑の中6競技9種目が行われ、総合優勝を目指す印西市は、女子の活躍が光った一日となりました。準決勝から登場したバスケットボールは、決勝でも四街道市を67−36の大差で下し3年連続優勝。昨年4連覇を逃したテニスは、主力選手が戻るとともに新戦力も加わり圧勝しました。バレーボールも5年ぶりに決勝進出を果たし準優勝。男子も踏ん張り、バレーボールとテニスが準優勝。昨年参加点の1点で終わった柔道と空手道が3位に入る健闘を見せましたが、ソフトテニス男女は予選グループで敗退と残念な結果に終わりました。昨年久々に優勝し連覇の期待のかかる軟式野球は白井市と対戦、息詰まる投手戦となりましたが、延長タイブレークの末5−1で破り、来週23日に行われる準決勝進出を決めました。残るは5競技7種目、明日17日は陸上競技、弓道、相撲、バドミントンが行われます。

第68回印旛郡市民体育大会3日目(7.15)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-7-15 21:29
▽大会3日目は6競技(9種目)が行われました。1回戦を圧勝したサッカーはこの日も快進撃。準決勝は5−1(栄町)、決勝でも白井市相手に9割以上ボールをキープする一方的な展開。3−0で快勝し3年連続優勝を果たしました。若手が躍動した印西市、当分の間王座は揺るぎそうがありません。テニスは男女ともにブロック1位で明日の決勝トーナメント進出を決めました。しかし、期待された剣道は昨年に続いて1回戦で敗退。さらに、ここ10年以上ベスト4以上の男子バスケットボールが八街市に延長戦の末に敗れる波乱。ソフトボールは男女ともに大敗、クレー射撃も5位に終わり、総合優勝に向けて暗雲が漂い始めた大会3日目となりました。明日はテニス、バスケットボール(女子)に加えて、空手道・柔道・野球・ソフトテニス・バレーボールが行われます。

第68回印旛郡市民体育大会2日目(7.12)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-7-12 19:20
▽大会2日目は久能カントリークラブ(富里市)でゴルフ競技が行われました。印西市は一般、シニア(60歳以上)、グランドシニア(70歳以上)、レディースの4部門にフルエントリー、計11選手が出場しました。大会には全8市町が参加し18ホールで行われましたが、総合成績は上位6名の合計ストロークで決まります。印西市は450ストローク(平均75.0)をマーク、2位の佐倉市に13打差をつけて優勝しました。72をマークした大野新司選手(シニア)が昨年に続いてベストグロス賞に輝きました。ゴルフ競技はこれで6年連続優勝、印西市の力は際立っています。

第68回印旛郡市民体育大会1日目(7.9)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-7-9 19:20
▽第68回印旛郡市民体育大会がスタートしました。白井市陸上競技場で行われたサッカー1回戦に登場した印西市は、佐倉市を6−0と一蹴し快勝発進。3連覇に向けて最高のスタートを切りました。一方、昨年男女ともに1回戦で敗退し「今年こそは」と雪辱を期して臨んだ卓球は、共に1回戦で敗れ、上位進出はなりませんでした。

第40回北総壮年野球大会(7.2)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-7-2 17:03
▽3週にわたって行われた北総壮年野球大会は今日が最終日。Aゾーンは松山下公園球場で、Bゾーン(敗者戦)は本埜スポーツブラザ球場でそれぞれ準決勝・決勝が行われました。昨年優勝の滝野ラーバンズは、初戦はからくも逆転サヨナラ勝ちと苦戦を強いられましたが、メンバーが揃った今日は持ち前の強打が爆発、準決勝は16−9(vsロクチャンズ)、決勝も14−2(vs千葉臨海B)と快勝し連覇を果たしました。大会MVPは開会式で選手宣誓をした主将の海老原征治選手が獲得。Bゾーンは和野球クラブ(栄町)が高津倶楽部(八千代市)を接戦の末8−7で下し優勝しました。

すこやか相撲大会(6.29)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-6-29 15:08
▽今回で8回目の開催となる「すこやか相撲大会」が原山小の相撲場で行われました。屋根つきの立派な相撲場を持つ原山小が、相撲を通して心身の鍛練と健康の増進を図ろうと隣の内野小に呼びかけて始まりました。2年目からは、男子の部に加えて5年生以上による女子個人戦も行われるようになりました。大会は学年別に行われ、男女ともに5人制による団体戦と個人戦が行われました。これまでは土俵上でくるくる回転する取り組みが目につきましたが、今年は突き押しを基本とした相撲が多くみられ、指導の成果が相撲内容によく現れていました。土俵際の詰めが甘く、有利な体制から思わず先に足が出てしまう相撲もありましたが、土俵際の逆転や豪快な投げ技など白熱した取り組みが続き、取り直しや1分以上取り合う相撲もあり、行事泣かせの熱戦が展開されました。勝つと体全体で喜びを表し、負けると土俵下で悔し涙を流す子どもたち。また、勝負が決まった後、相手をかばったり、手を差し出す光景も多くみられました。「勝つことの喜び、負けることの悔しさを体験することにより、勝者をたたえ敗者へ思いやりの心を育てる」というねらいは十分に達成できたと思いました。土俵下には児童と保護者が大勢陣取り、手に汗握る熱戦を食い入るように見つめ、大きな声を出して声援を送っていました。

印西オープンペタンク大会(6.25)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-6-25 19:20
▽印西オープンペタンク大会が松山下公園多目的広場で行われました。大会には県内外から38チーム(1チーム3名編成)が参加し、10ブロックに分かれてリーグ戦を行った後、上位16チームが決勝トーナメントに進出する方法で行われました。この日は朝から雨がぱらつく梅雨空でしたが、何とか夕方まで持ちこたえ、「風もなくペタンク競技には最高のコンディション」(大会関係者の声)となりました。平均年齢60歳の選手たちは日ごろの練習の成果を発揮しようと真剣な表情で熱戦を展開していました。そんな中、順天堂大学の学生も初めて出場しました。フランス語を受講している学生たちが先生に声をかけられたとのこと。「ルールは事前に先生に教わりましたが、今日初めてボールに触りました。ペタンクって結構楽しいですね。」と話していました。▽松山下公園では、総合体育館でスポーツ推進委員による「ら・ら・らスポーツ祭」が、テニスコートでは「テニス教室」が行われ、松山下公園は一日中大賑わいでした。

春季市民バスケットボール大会(6.18)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-6-18 18:15
▽春季市民バスケットボール大会の準決勝・決勝が松山下公園総合体育館で行われました。(参加:男子1部11チーム 2部3チーム 女子6チーム)男子1部決勝戦は、初出場の「KC」が第2Qからエンジン全開、前半を28−15で折り返すとその後も着実に得点を重ね、強豪の「BUT」を65−31の大差で下し初優勝。女子は「I.L.B.C」が、粘る「絆」を落ち着いた試合運びと息の合ったコンビネーションで後半突き放し、46−32で快勝。みごと6連覇を達成しました。

PTAバレーボール大会(6.17)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-6-17 21:40
▽市内20校の小中学校が参加し、PTAバレーボール大会が松山下公園総合体育館で行われました。四方の壁面には学校ごとに応援の横幕が張られ、ポイントを上げるたびに盛り上がる応援席。中にはお揃いのTシャツ姿で応援する学校もあり、校長先生を始め先生方やPTA役員がベンチやスタンドに陣取り声援を送っていました。決勝は共に初めての進出となった原山小と小林北小との対戦となりましたが、地力に勝る原山小が着実に得点を重ねて小林北小を2−0で下し、初優勝を果たしました。3位は印西中と滝野中でした。決勝に進出した2校が、来月1日(土)に行われる印旛郡市大会(会場:佐倉市民体育館)に印西市を代表して出場します。

千葉県ラグビーまつり(6.17)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-6-17 19:40
▽「第27回千葉県ラグビーまつりin印西」が松山下公園陸上競技場で行われました。好天に恵まれたこともあって県内外から熱心なラグビーファン1500人ほどがスタンドに陣取り声援を送りました。第3試合は2年ぶりに女子ラグビー(RKUラグビー龍ヶ崎GRACEvsカ・ラ・ダ ファクトリー Rugirl−7)が7人制で行われ、両チームともにスピーディーな展開で点の取り合いとなりました。第4試合は、第10回ラグビー祭り(平成12年)以来の登場となる昨年トップリーグ3位の「パナソニック・ワイルドナイツ」と10位の「NECグリーンロケッツ」が対戦しました。ゴール前でミスが目立ったNECに対し、チャンスを確実にトライにつなげたパナソニックが31−15で快勝。それでも期待通りの見ごたえのある好ゲームに、駆けつけたラグビーファンは満足げの様子でした。試合終了後、恒例のオークションが行われ、両チームから提供されたサイン入りのユニフォームやマスコットボールを手にしたファンが、選手たちと記念写真に納まり楽しそうでした。
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT