千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2019年 8月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 201907のエントリ

印旛郡市民体育大会6日目(7.21)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-7-20 17:25
▽大会6日目は富里公園球場でソフトボール2日目が、長嶋茂雄記念岩名球場で軟式野球1回戦4試合が行われました。準決勝から登場したソフトボール男子は強豪の四街道市と対戦しました。強力打線を5点に抑えたもののスピードボールに打線が沈黙、7回をパーフェクトに抑えられ0−5で敗れ決勝進出はなりませんでした。一方、八街市との初戦に臨んだ軟式野球チームは大苦戦。雨のため2週延期となり、しかも土曜日とあってこの日ベンチ入りしたのはわずか10人。しかし、1点ビハインドで迎えた最終回にドラマが待っていました。犠牲フライで同点とし、さらに続いた二死3塁のチャンスに4番打者がセカンド右に内野安打を放ちサヨナラ勝ち。接戦をものにした印西市、明日は準決勝で佐倉市と対戦します。佐倉市が勝ち上がったことで総合優勝の可能性は消えてしまいましたが、連覇で有終の美を飾ってほしいと思います。

印旛郡市民体育大会5日目(7.15)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-7-15 15:37
▽陸上競技が松山下公園陸上競技場で行われました。各種目むらなく得点を重ねた男子は佐倉市に28点もの大差をつけて優勝(10年連続)。昨年同点ながら優勝種目数の差で2位に終わった女子は、大学生が大活躍し佐倉市に4点差をつけて優勝しました。八街スポーツプラザで行われた弓道は佐倉市を4射上回り2年ぶりに優勝。相撲は4位でした。残すは今週土日に行われる軟式野球とソフトボールの2種目。総合得点でトップを行く佐倉市との差はわずか3点、熾烈な優勝争いは最終日まで続きます。

印旛郡市民体育大会4日目(7.14)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-7-14 20:50
▽中心会期となる大会4日目は予報通り朝から小雨が降り続くあいにくの天候。軟式野球、ソフトボールは中止となりましたが、テニスとソフトテニスは中断をはさみながらも予定通り行われました。総合優勝を目指す印西市は4種目で優勝し、トップを行く佐倉市を猛迫しました。準決勝から登場したバスケットボール女子は余裕の試合運び、決勝でも佐倉市を大差で下し5年連続優勝。男子は準決勝で優勝した八街市に逆転負け。昨日行われた予選で四街道市に苦杯を喫した男女テニスは、メンバー全員が強い決意で臨み、準決勝で佐倉市にストレート勝ち。決勝でも四街道市に競り勝ち、昨年に続いてアベック優勝を果たしました。卓球は男子が3位、女子は6位。昨年下位に終わった空手道は、僅か3人の出場ながら一般男子組手と一般女子形で優勝し佐倉市に次いで総合2位。ソフトテニス男子は1回戦で敗退したものの女子は1回戦を突破し3位。共に決勝に進んだバレーボール、男子は酒々井町にフルセットの末惜しくも敗れ準優勝。女子は準決勝で八街市との熱戦を制した勢いそのままに、決勝でも昨年優勝の四街道市にストレート勝ちし、10数年ぶりとなる優勝を果たしました。柔道はメンバーが揃わず棄権。明日は陸上競技、弓道、相撲が行われます。

印旛郡市民体育大会3日目(7.13)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-7-13 19:14
▽大会3日目は梅雨の晴れ間が広がる中で6競技が行われました。準決勝から登場したサッカーはゴールラッシュの一日となりました。準決勝は4−0(富里市)、決勝でも白井市相手に8割以上ボールをキープする一方的な展開。7−0で快勝し5年連続優勝を果たしました。若手が躍動した印西市、当分の間王座は揺るぎそうありません。テニスは男女ともにブロック2位で明日の決勝トーナメント進出を決めました。剣道は1回戦で酒々井町に競り勝ち第3位。昨年準優勝の男子バスケットボールも酒々井町に19点差で圧勝し準決勝に進出。クレー射撃は第6位。ソフトボール女子は新ユニホームで試合に臨みましたが、優勝常連チームの四街道市に1−9で敗れました。明日は天気が心配ですが、連覇の期待がかかるテニス男女、バスケットボール(女子)、軟式野球に加えて、ソフトボール(男)・空手道・ソフトテニス・バレーボール・卓球が行われます。

印旛郡市民体育大会2日目(7.10)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-7-10 20:50
▽大会2日目は成田ヒルズカントリークラブ(栄町)でゴルフ競技が行われました。印西市は一般、シニア(55歳以上)、グランドシニア(70歳以上)、レディースの4部門にフルエントリー、計11選手が出場しました。大会には全8市町が参加し18ホールで行われましたが、総合成績は上位6名の合計ストロークで決まります。印西市は昨年7連覇を阻まれた悔しさをバネに454ストローク(平均75.7)をマーク、2位の白井市に2打差をつけて優勝しました。70をマークした岩井正一選手(シニア)がベストグロス賞に輝きました。9年ぶりの総合優勝に向かって快進撃が続いています。

印旛郡市民体育大会1日目(7.7)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-7-7 17:16
▽第70回印旛郡市民体育大会が始まりました。軟式野球は雨天中止、4連覇中のサッカーは1回戦シードとなり今日は試合なし。1日目は松山下公園総合体育館でバドミントンが行われました。昨年は男女ともに1回戦敗退という残念な結果に終わりましたが、「若手への切り替えがうまくいった」今大会は男女ともに快進撃。男子は準決勝で優勝した佐倉市に惜敗したものの、女子は順当に決勝に進出。大接戦の末、昨年優勝の白井市を2−1で下し、2011年以来の優勝を果たしました。シングルスに出場した斎藤未来(みく)さんは西の原中の3年生。学校の部活動以外にも週に数日、市内で行われる練習会に参加して技術を磨いています。決勝こそ実力者の高校生に歯が立ちませんでしたが、1回戦と準決勝は大人相手に2−0と完勝。8年ぶりの優勝に貢献しました。バドミントンの頑張りでいいスタートが切れた印西市。今年こそ「打倒佐倉市!」なるでしょうか。

印旛郡市民体育大会開会式(7.6)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-7-7 6:37
▽第70回印旛郡市民体育大会の総合開会式が印西市文化ホールで行われました。今年は7日(日)に行われるサッカー、軟式野球、バドミントンを皮切りとして15日(祝)までの4日間、印旛郡市内8市町が参加し17種目で熱戦が繰り広げられます。開会式では、冒頭で大会会長の板倉市長からごあいさつがありました。また、永年にわたって剣道の振興に尽力した功績が認められ、難波静治さんが功労者表彰を、優秀スポーツ選手として菅田雅子さん・椎名真理さん(バスケットボール)、立原 剛さん・アロン・パーカーさん(水泳)、優秀スポーツ団体(千葉県民体育大会優勝)として笠井和子さん(テニス)、青柳豊子さん・大河原小夜子さん・山崎芳克さん(卓球)が表彰されました。最後に、印西市代表選手2名(サッカー・テニス)が力強く選手宣誓を行い開会式は45分ほどで終了。開会式後に行われた種目別会議で組み合わせも決まりました。夕方6時から総合体育館多目的室で監督会議が行われ、板倉市長から印西市選手団団長の委嘱を受けた菊地会長が、「総合優勝を目指して大会に臨みたい。」と抱負を述べ会議を終えました。大会結果についてはホームページで随時お知らせします。
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT