千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2019年 2月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

トピックス - intaikyoさんのエントリ

印西オープンペタンク大会(6.23)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-6-23 20:10
▽印西オープンペタンク大会が松山下公園多目的広場で行われました。大会には県内外から32チーム(1チーム3名編成)が参加し、8ブロックに分かれてリーグ戦を行った後、上位16チームが決勝トーナメントに進出する方法で行われました。プレイヤーの中心は60代、板橋市議会議長も印西Cチームのメンバーとして参加し、フランス発祥の球技「pétanque」を楽しんでいました。心配された雨に降られることなく「絶好のコンディション」に恵まれ、午後4時過ぎまで競技が行われました。 ▽3週にわたって行われた北総壮年野球大会は今日が最終日。Aゾーンは本埜球場で、Bゾーン(敗者戦)は印旛中央公園球場でそれぞれ準決勝・決勝が行われました。Aゾーンは、佐倉クラブが滝野ラーバンズを8−2で下し優勝。Bゾーンの決勝戦は印西市勢の対戦となりましたが、3回に逆転した印西ブルースカイズが4回に大量点を奪い、13−1で船穂アスレティッククラブに快勝。久々の優勝を果たしました。

春季市民バスケットボール大会(6.16)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-6-16 20:40
▽春季市民バスケットボール大会の準決勝・決勝が松山下公園総合体育館で行われました。(参加:男子1部5チーム 2部5チーム 女子2チーム)男子決勝は、久しぶりに勝ち上がった印西クラブと前大会3位のPINKYとの対戦となりました。前半はアウトサイド、インサイドともに好調なPINKYが33−26とリードして折り返しました。印西クラブは第3Qに入ってもシュートの精度を欠く苦しい展開となり、第3Q終了時には、38−50と大きくリードを広げられました。しかし第4Qに入ると、持ち前のディフェンス力とアウトサイドからの3Pシュートが決まりだし、最後は75−62と大逆転で印西クラブが初優勝。一方女子は今大会の参加が2チームだったため、I.L.B.CとPATRIOTがいきなり決勝で対戦しました。前半は30−31と僅差でI.L.B.Cがリードして折り返しましたが、大型センターの補強でインサイドが強いPATRIOTが逆転。第4QにI.L.B.Cが追い上げましたが、PATRIOTが58−57で逃げ切り初優勝しました。

北総壮年野球大会(6.9)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-6-9 19:36
▽近隣市町から16チームが参加し、第42回北総壮年野球大会第1日目が本埜スポーツプラザ球場と印旛中央公園球場で行われました。(参加資格は40歳以上)この日行われた1回戦に印西市から6チームが出場しましたが、「滝野ラーバンズ」以外はすべて敗れてしまいました。今年チーム創立35年目を迎えた「寿印西エンドレス」は、最終回に3ランホームランで1点差まで迫ったものの7−8で無念の敗退。1回戦に敗れたチームは敗者戦(Bゾーン)に回ります。

グラウンドゴルフ大会(5.28)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-5-28 18:30
▽午前中、松山下公園陸上競技場で市高齢者クラブ主催「グラウンドゴルフ大会」が行われました。大会には134名が参加し、フィールドにセットされた24ホールを回ってスコアを競いました。ほとんどの方は週2.3回練習をして大会に臨んでいますが、参加者からは「普段使っている練習場が狭いので、ロングホール(50m)は勝手が違って難しい。」という声がありました。ホールインワンするとスコアが−3となるグラウンドゴルフは、ラウンド中何回ホールインワンができるかが勝負を左右します。今大会の最高年齢は92歳とのこと。昨日の真夏日から一転、涼しさを感じるコンディションの中、4.5人が1グループになり、ゆったりとしたペースで楽しそうにプレイしていました。

三支部対抗陸上競技大会(5.25)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-5-25 21:20
▽毎年高いレベルで競われる「第56回三支部(香取・東総・印旛)対抗陸上競技大会」が松山下公園陸上競技場で行われました。大会には各地区の予選を勝ち抜いた500人あまりの選手が出場しました。この日の気温は30度まで上がり、しかも午後から風向きが変わって向かい風となるあいにくのコンディション。男女計32種目が行われ、層の厚い印旛が男女ともに総合優勝。最優秀選手賞には、好記録で2種目を制した山口 幸樹選手(中台)100m11秒42(−1.1m)、走幅跳6m65(+0.4m)と白戸 莉紅選手(八日市場二)100mH14秒86(−1.4m)、走幅跳(−0.1m)が選ばれました。▽印西市の中学生も活躍しました。上位入賞した選手を紹介します。《男 子》■1年100m3位 小出 秀政(木刈)12秒98 ■共通800m2位 日並 翔汰(印西)2分6秒73 ■1年1500m1位 古関 遥希(木刈)4分49秒63 ■共通3000m3位 徳永 大輝(船穂)9分24秒11 《女 子》■2年100m2位 原田  和(木刈)13秒09 ■3年100m3位 有野萄子(印旛)12秒66 ■共通1500m1位 澤井 美結(西の原)4分46秒97 ■共通走高跳3位 谷村 美空(木刈)1m48 ■共通棒高跳2位 熊谷 愛彩(印西)2m90 ■共通4種競技3位 鈴木 栞莉(原山)1795点

春季市民空手道大会(5.19)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-5-19 20:10
▽春季印西市空手道大会が松山下公園総合体育館で行われました。今大会には125選手が参加し、日ごろ鍛えた技と力をぶつけ合いました。午前中は「形」の部が、午後からは「組手」の部がそれぞれトーナメント方式で行われました。初めて大会に出場した幼年部門の子どもたちも小学生に負けない元気な返事を、そして背筋を伸ばして試合に臨んでいました。まさに礼節を重んじる空手道ならではの伝統・文化を感じました。春季大会は市民限定の大会ですが、各部門ともにレベルの高い試合が展開されました。今大会で上位入賞した選手の表彰式後の写真を掲載しました。写真を希望される方は、スポーツ振興課(42-8417)にご連絡いただければ、E-mailで画像を送付いたします。秋季大会は11月23日(祝)に松山下公園総合体育館で行われます。

小学校陸上競技大会(5.15)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-5-15 20:50
▽第3部会(印西市・白井市)全27校の児童が参加し、松山下公園陸上競技場で58回目となる伝統の小学校陸上競技大会が行われました。滝野小の元気いっぱいの選手宣誓の後、8時45分に競技がスタートしました。前夜の雨も上がり、薄曇り、1m前後の風、気温もそれほど上がらず、絶好のコンデションとなりました。朝早くから観客席に陣取り必死に応援する保護者、そして、選手が紹介されるたびに各小学校の応援席からすさまじい大きな声が飛び交うなど、大会は大いに盛り上がりました。今日の大会で7位までに入賞した選手(種目によっては4位ないし5位まで)は、5月28日(火)に成田市で行われる印旛郡市大会に青ハチマキをつけて出場します。

寿野球全国大会(5.12)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-5-13 15:30
▽5月12日(日)、第44回寿野球全国大会が長野県千曲市で開催されました。印西市からは、第8回大会から出場している「寿印西エンドレス」がランク20位で大会に臨みました。 初戦の相手は「オールド明星クラブ」(富山県)。初回幸先よく1点を先制、3回にも1点を加え優位に試合を進めました。2回は一死満塁、続く3回も無死満塁というピンチを何とかしのいできた寿印西でしたが、投手が変わった4回に同点に追いつかれ、さらに終盤6回に中継ミスもあって勝ち越し点を奪われてしまいました。2点を追う最終回、無死1.2塁とチャンスを作るも後が続かず2−4で敗れてしまいました。第2戦は地元千曲市の「八幡クラブ」と対戦。2点のリードを許して迎えた4回に打線が爆発、8本の長短打を浴びせて一挙8点を奪い勝負あったかと思われました。しかし、時間切れ寸前の5回に猛反撃にあいよもやの逆転を許してしまいました。その裏1点差まで迫りましたが反撃もそこまで。昨年に続いて2連敗を喫してしまいました。▽シニア世代を対象とした野球大会のパイオニアともいえる寿野球全国大会、10数年前までは大会で2連敗しようものなら、出場数の88チームからオミットされることもありました。健康志向の高まりもあって最近ではシニア世代を対象とした大会が全国各地で行われるようになりました。その影響もあって出場チーム数が年々減少し、今回の出場は58チーム、昨年よりさらに3チーム減ってしまいました。寿野球の出場資格は40歳以上で、出場する9人の平均年齢が50歳を超えるチーム編成で行われます。今回対戦したチームも平均年齢50代前半、新陳代謝が進まないチームにとっては厳しい戦いを強いられ、還暦野球や古希野球に鞍替えするチームが増えているようです。今大会を勝ち抜くには40代の生きのよい選手の補強とベテラン選手の奮起が何より必要です。戦力を整え、来年こそ優勝を狙えるチーム編成で出場したいです。

印西アスレチックス(4.28)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-4-28 19:37
▽「2019 印西アスレチックス」が松山下公園陸上競技場で行われました。来月15日(水)に行われる「第3部会小学校陸上競技大会」を間近に控えている小学生を始め、中学生、一般選手など787名の選手が出場し、白熱したレースが展開されました。前日降り続いた雨も上がり、この時期らしいさわやかな青空が広がる絶好のコンディションに恵まれ、選手たちはスタンドに陣取った保護者や仲間の声援を受け力走しました。これまでベリーロールが主体だった小学生の走り高跳びですが、今年度から「はさみ跳び」に統一されました。今日の競技会で1m32cmを軽々とクリアした女子小学生の跳躍は、背面跳びの中学生にいい刺激を与えたことでしょう。

印西市スポーツ協会総会(4.27)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-4-27 19:30
▽午後4時30分から総合体育館多目的室で「印西市スポーツ協会総会」が開催されました。総会には、加盟する20競技団体からそれぞれ理事と評議員が出席しました。来賓として出席された藤代市議会議長と大木教育長より激励の言葉をいただいた後、議事に入り、30年度の事業報告と決算報告、さらに行事計画案、予算案が原案どおり承認されました。本年度から体育協会をスポーツ協会と改称(印旛郡市では成田市と印西市)し、新たな気持ちでスタートを切りました。7月に行われる印旛郡市民体育大会は印西市が担当市となり、総合開会式と閉会式が市文化ホールで行われます。本年度もスポーツを通して明るく活力ある街づくりに役員一同積極的に取り組んでまいります。
« « 2019 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT