千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2018年 8月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 最新エントリー

秋季市民卓球大会(9.23)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-9-23 20:30
▽松山下公園総合体育館で「秋季市民卓球大会」が行われました。今大会には一般の部(43名)と中学生の部(109名)に計152名が出場、それぞれ男女別に4人から6人で編成したグループで予選リーグ、そして各組上位2名による決勝トーナメントという方法で試合が行われました。一般男子決勝は春季大会に続いて坂本選手と田中選手との対戦となりました。試合は大熱戦の末に田中選手が勝利し初優勝。互いに譲らぬラリーの応酬はまさに決勝戦にふさわしい戦いでした。一般女子ダブルスは総当たりのリーグ戦で行われました。高校生3ペアとベテランで編成した5ペアが出場し熱戦を展開していました。

関東大学女子駅伝関係者会議(9.18)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-9-18 16:02
▽今月30日(日)に行われる「第24回関東大学女子駅伝対校選手権大会」に向けて、大会関係者による打合せ会議が行われました。会議には板倉市長を始め、印西地区消防組合、印西警察署、千葉陸上協会等の大会関係者が出席し、関東学生陸上競技連盟の学生の進行で行われました。今回は昨年より1増の26大学(津田塾大学と帝京科学大学が初出場)27チームが出場し、千葉ニュータウン周回コース(6区間29.0km、西の原小学校前9時30分スタート、ゴール:原山中学校前)で行われます。今回から東京電機大学を通過しない新たなコース設定(1.6km短縮)となりました。印西市で行われるようになって11回目となる開催、10月24日に仙台市で開催される全国大会への出場権をかけたレースでもあり、関東大学女子学生のランナーによる白熱した好レースが期待されます。

クライミングマスターズ大会(9.16)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-9-16 21:12
▽今回で4回目の開催となる「全日本マスターズクライミング選手権大会」が松山下公園総合体育館で行われました。大会への参加条件は、男子は55歳以上、女子は50歳以上。東は山形から、西は佐賀県まで50人を超える参加者(印西市からは2名)があり、最高齢はなんと83歳。キャリアがまだ数年という選手が多い中、40年を超える超ベテランの選手もおり、それぞれの力や年代に応じてクライミングを楽しんでいました。難所に差し掛かると、「ガンバ!」というクライミング特有の声援を受けながら、競技は夕方遅くまで続きました。▽久しぶりに穏やかな天候となったこの日、野球場では「千葉県少年野球低学年大会」、テニスコートでは「秋季市民テニス団体戦」、陸上競技場では「葛南支部中学校陸上大会」が行われ、駐車場は一日中混雑していました。
▽印旛郡市中学校新人陸上競技大会(参加43校)が松山下公園陸上競技場で行われました。競技開始と同時に雨が降り出すあいにくのコンデションとなりましたが、午後1時過ぎにやっと雨が上がり、短・中距離種目を中心に好記録が続出しました。来月6日(土)、7日(日)に行われる県新人大会に向けてはずみをつけた選手も多かったことでしょう。男子は成田中が初優勝、女子は西の原中が昨年に続いて優勝しました。男女総合は西の原中が制し木刈中が2位に入るなど、今大会でも印西市の中学生の活躍が光りました。

印旛フィールド記録会(8.25)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-8-25 20:57
▽印旛郡市や東葛地区から39校812名の中学生が参加し、松山下公園陸上競技場で「印旛フィールド記録会」(主催:印旛ポールヴォウルトアカデミー)が行われました。36度を超える猛暑、さらに常時5m前後の向かい風が吹くあいにくのコンデションとなりましたが、選手たちは夏休み中の練習の成果を試そうと、自己記録の更新を目指して力走しました。▼先週岡山県で行われた全日本中学校陸上選手権大会に印西市から5名の選手が出場しましたが、末廣元斗選手(小林)が男子走幅跳で6m84をマークし見事第5位に入賞しました。21日にNHKで放映された男子走幅跳決勝では、末廣選手の跳躍が見られず残念でしたが、全国のライバルたちと談笑しながらリラックスする姿が見られました。優勝の期待のかかった植木優太選手(本埜)はわずか1cm足りず、伊藤隼人選手(西の原)は3回ともファールに終わり共に予選を通過できませんでした。女子1500mに出場した鈴木優奈選手(西の原)も予選敗退となりましたが、ラスト1周までトップグループで快走、今後に期待を抱かせる積極的なレースを展開しました。棒高跳に出場した山本飛和選手(船穂)、女子砲丸投に出場した牧田利乙夢選手(西の原)も予選通過はなりませんでした。

スポーツいんざい33号発行(8.25)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-8-25 10:10
▽「スポーツいんざい」第33号を発行しました。ホームページ(広報体協印西→スポーツいんざい)に掲載しましたのでぜひご覧ください。

全国大会に向けて(8.14)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-8-14 13:05
▽今月19日から3日間、岡山市シテイライトスタジアムで開催される「第45回全日本中学校陸上競技選手権大会」に印西市から6名の中学生が参加します。植木優太くん(本埜中3年)と末廣元斗くん(小林中3年)が走幅跳に、山本飛和くん(船穂中3年)が棒高跳に、そして西の原中からは走幅跳に伊藤隼人くん(3年)、砲丸投に牧田利乙夢さん(3年)、1500mに鈴木優奈さん(2年)の3選手が出場します。全国大会に出場するためには、7月上旬に行われる県通信大会、下旬に行われる県総体のいずれかの大会で全国大会参加標準記録(男子走幅跳:6m55、男子棒高跳:4m00、女子砲丸投:12m50、女子1500m:4分38秒00)を突破しなければなりません。 14日、全国大会に向けて松山下公園陸上競技場で練習に励む西の原中の3選手に抱負を語ってもらいました。先週行われた関東大会で7m16の大ジャンプで優勝した伊藤くんは、「調子がいいので、全国では優勝したいです。できれば中学記録(7m40)を更新できるよう思い切って跳びたいです。」これまでどうしても勝てなかった植木くん(県通信大会7m00、県総体7m09でともに優勝)に関東大会で初めて勝ち、気持ちも乗っているだけに期待大です。通信大会以降やや調子を落としている牧田さんは、「砲丸投は最終日に行われるので、残り1週間しっかり調整して臨み、予選を突破できるよう頑張ります。」唯一2年生で参加する鈴木さんも「来年に向けて積極的なレースをしたいです。」とそれぞれに力強く語ってくれました。3選手ともに予選を突破すれば、21日午後放送予定のNHKEテレで競技の様子を観戦できます。

印西街かど棒高跳(8.5)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-8-5 20:10
▽今ではすっかり夏恒例のスポーツイベントとなった「印西街かど棒高跳び」(主催:印旛ポールヴォウルトアカデミー)が、4日、5日の2日間、イオンモール千葉ニュータウン「コスモス広場」で行われました。2日目は中学生2.3年生の部が行われました。今月19日から岡山県で開催される全日本中学校陸上選手権大会に出場する山本飛和選手(船穂中)と加瀬遼大選手(嶺南忠)ら62選手が出場、優勝記録も4m05まで引き上げ大会を大いに盛り上げました。観客席からは選手がクリアーするたびに歓声と拍手が起こり、間近に見るダイナミックな跳躍に大満足していました。

第69回印旛郡市民体育大会最終日(7.16)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-7-16 17:07
▽大会もいよいよ最終日。岩名陸上競技場で行われた陸上競技は、各種目むらなく得点を重ねた男子は優勝、女子は佐倉市と得点で並びましたが、優勝種目数の差で惜しくも2位でした。八街スポーツプラザで行われた弓道は3位に終わり4連覇はならず、相撲も優勝に届かず3位。今年も打倒佐倉市を果たせず総合準優勝に終わりました。

第69回印旛郡市民体育大会4日目(7.15)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-7-15 21:22
▽中心会期となる大会4日目、前日に続いて最高気温が35度を超える猛暑の中で、7競技12種目が行われました。総合優勝を目指す印西市は4種目で優勝、トップを行く佐倉市を猛迫しました。準決勝から登場したバスケットボール女子は余裕の試合運び、決勝でも白井市を大差で下し4年連続優勝。昨年2年ぶりに優勝したテニス女子は、シングルスに強力な選手を擁する佐倉市に対し、メンバー変更がずばりとあたり昨年に続いて優勝。ここ数年決勝に進出するも優勝できずにいた男子でしたが、今年はメンバー全員が強い決意で臨み、準決勝で昨年優勝の白井市、決勝でも佐倉市との競り合いを制し、8年ぶりとなる男女アベック優勝を果たしました。昨年男女ともに1回戦で敗退した卓球は、1回戦を突破し3位。バレーボール男子はフルセットの末に1回戦で敗退したものの、女子は1回戦を突破し、準決勝で昨年優勝の四街道市と対戦しました。勝負の3セット目、16−9と大きくリードし優位に試合を進めましたが、そこから逆襲を受けよもやの逆転負け。軟式野球は順当に決勝に進出、決勝は息詰まる投手戦となりましたが、常に先手を取った印西市が3−2で四街道市を破り2年ぶりに優勝。柔道は1回戦で敗退、ソフトテニスは男女ともにグループリーグ3位となり、決勝進出を逃しました。明日は最終日、陸上競技、弓道、相撲が行われます。
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT