千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2018年 12月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - intaikyoさんのエントリ

順天堂大学箱根駅伝選手交流会(1.11)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-1-11 19:50
▽総合8位となり、最低限の目標だったシード権を獲得した順天堂大学箱根駅伝選手と、J友会会員等との交流会が行われました。選手、主務、指導者計24名が出席、今大会を振り返り、そして来年の大会に向けてそれぞれが熱く語ってくれました。長門監督からは「今年はベストなオーダーで挑む状況ではなかったが4年生がカバーしてくれた。経験者が7人残るので、偉大なエースだった二人の穴を埋められるよう力をつけ、優勝を争えるチームに育てていきたい。」という話がありました。続いて10人の選手、そして登録されながらも走れなかった選手たち一人一人からスピーチがあり、4年生で初めて走った8区の金原選手は「何とかシード権を守ってタスキを渡すことができた。4年間の思いを箱根路にぶつけた。」9区の吉岡選手(4年)は、「シードを争う後続チームを離せたので良かった。弟から給水を受け、最高の親孝行ができたかなと思っている。」と走った選手ならではの素敵な言葉が続きました。新主将の藤曲選手が「4年生に助けられた今年の駅伝。口先で終わらないように練習をしっかり積んでチームを引っ張る。」。最後に江口主将が「順大は8位で満足するチームではない。エースは抜けるが、一人一人が力をつけ優勝を目指して箱根に臨んでほしい。」という言葉で結び、交流会を終えました。▽交流会には、J友会会員の他に杉山副市長、小坂酒々井町町長、市議会議員など総勢60名を超える参加者がありました。その中で最も注目されたのはやはり「塩尻選手」。皆さんの声に気軽に応じて笑顔で記念写真に納まっていました。「卒業後は富士通に入社し、東京オリンピックを目指して頑張ります。」と力強く宣言。山登りのスペシャリストとして5区を3年間走った山田選手は、警視庁で選手生活を続けていくとのこと。今日出席した選手の中には、来週21日(日)に広島で行われる「全国都道府県対抗男子駅伝」に出場する選手もおり、テレビを通して応援してほしいと話していました。昨年まで行われていた大学内の食堂から「まるみや」に会場を移して行われたこともあって選手との距離もぐっと縮まり、より親近感がわいた交流会となりました。
▽往路優勝の東洋大を8区で逆転、5連覇を目指した青山学院大に3分以上の大差をつけ、“悲願の初優勝”を果たした東海大の強さが際立った第95回箱根駅伝。この2日間テレビにくぎ付けとなった駅伝ファンも多かったことでしょう。例年、ゴールまで残り3キロ付近で待ち構えていましたが、今年は「印西J友会」の誘いを受け、2日間ワゴン車で移動しながら、3区と7区を除く8区間の走者を間近で応援する応援部隊として参加しました。1988年に順天堂大学さくらキャンパスが旧印旛村に移転した際、「地元として何か応援できることはないか」と模索したその一つがこの箱根駅伝の応援でした。あれから30年、今年も佐藤榮一会長(元印旛村村長)以下14名の応援部隊は沿道でしっかり応援してきました。どの地点もランナーが通過する1時間以上前からすでに黒山の人だかり、「カープ女子」ならぬ「駅伝女子」の姿が目に付きました。彼女たちに共通しているのは、「〇〇選手、頑張れ!」とフルネームで応援していること。はるばる広島から駆け付けた女の子は、ひいきの大学だけでなく通過する選手一人一人に声援を送っていました。また、復路は中継点手前1〜2キロの地点だったこともあり、各大学の監督車からの選手への声掛けを聞くことができました。今回は「男だろう!」といった言葉こそありませんでしたが、「いいペースだ。このまま走り切れば区間賞獲れるぞ。」といった落ち着いた声掛けが多かったようです。▽1区で19位と出遅れた順大でしたが、2区のエース塩尻選手、5区山田選手の力走もあって往路は7位でゴール。宿舎で出会った長門監督に「シード権の獲得が見えてきましたね。」と声をかけると、「いや、安心はできません。明日どのくらい粘ってくれるか、とにかく明日が勝負です。」と。2日目は監督の言葉通り全区間中位の区間記録でつなぎ、順位は一つ落としたもののシード圏内の8位でゴール。優勝争いに加わることはできませんでしたが、来年につながる最低限の走りはできました。▽1日目のレースを終え、5時過ぎから順大の定宿でJ友会会員、OB、大学関係者など200名ほどが出席し、「新年会(夕食会)」が行われました。激励のあいさつの後、恒例となっている4月からメンバーに加わる新入部員4名の紹介がありました。応援部隊として初めて参加した今年の箱根駅伝。見ごたえのある迫力ある写真もたくさん撮れました。来年もぜひ参加したいと思いました。

ミニバスケットボール大会(12.16)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-12-16 17:05
▽12月15日(土)、15日(日)の両日、JA西印旛杯ミニバスケットボール大会(主催:JA西印旛、後援:印西市バスケットボール協会)が松山下公園総合体育館で行われました。大会には印西市の他、白井市、栄町から男子10チーム、女子12チームが参加しました。15日は男子が3ブロック、女子は4ブロックに分かれて総当たりのリーグ戦、16日は順位決定戦がトーナメント方式で行われ、男子は「小倉台MBC」、女子は「高花MBC」が優勝しました。最低気温が0.4度とこの冬一番に冷え込んだ16日、会場には防寒着を着込んだ保護者が駆け付け盛んに声援を送っていました。陸上競技場では「チバテレビ旗争奪千葉県少年サッカー大会」2回戦4試合が行われました。暖房のきいた体育館と違って寒風が吹きすさぶコンディションの中、熱戦が繰り広げられました。今日の松山下公園は冬休みを直前に控えた小学生のスポーツデイとなりました。
▽先月サンクロペテルベルグ(ロシア)で行われた「トランポリン世界選手権大会」女子シンクロナイズドで、日本女子選手として初めて優勝した「宇山芽紅」選手が12日午前、印西市長を表敬訪問しました。市長から花束とインザイくんのマスコットをプレゼントされた宇山さん。生粋の印西出身選手の快挙だけに関係者の喜びもひとしおの様子でした。表敬訪問を終えた後、澤口元西の原中学校長と担任だった板垣先生(現教育センター指導主事)が駆け付け祝福しました。小学3年生からトランポリンを習い始め、中学1年の秋にニュージーランドで開催された国際大会(10歳〜12歳の部)で個人とシンクロを制するなど、ジュニア時代から注目されてきた宇山さん。その後、トランポリンの強豪校「金沢学院高校〜同大学」に進学。それまでは、ただがむしゃらにやってきたトランポリンでしたが、高校では基礎からしっかり指導を受け、日本代表として毎年国際大会に出場するなど、世界で戦うレベルの選手に成長しました。今大会、森選手とのペアが決まったのは10月下旬に行われた合宿最終日、しかもメインの個人練習を終えた後、数回の練習という急造ペアで頂点をつかんだのです。さらに個人競技でも8位入賞を果たし、5位に入った森選手とともに、日本選手が2名決勝進出という快挙も成し遂げました。目指すは2年後に迫った「東京オリンピック」出場ですが、その前に「来年東京で行われる世界選手権に出場し上位入賞を果たすこと」。国内には同レベルのライバルが多くいるだけに、「より確実に演技できるようさらにレベルアップしたい。」と力強く語る宇山さん。大学卒業後は(有)テン・フォーティー(八千代市)に所属し、子どもたちの指導に当たっています。印西市から自分に続く選手を育てたいと願う宇山さんですが、今クラブに通っている小学生はほんの一握り。「小学校低学年から始めるとベスト」なそうで、「一度体験に来てほしい」と話していました。国際経験が豊かな宇山さんですが、「トランポリンで必要なことは?」と質問すると「柔軟性と体を上手に動かせることかな。」とさわやかな笑顔で答えてくれました。宇山さんは現在22歳、トランポリンは30歳代で活躍している外国の選手も多く「まずは東京オリンピック出場が目標ですが、次のオリンピックも狙っていきたい。」と意欲十分。期待はますます高まります。

青少年剣道大会(12.9)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-12-9 21:20
▽今年で27回目の開催となる「印西市青少年剣道大会」が滝野中学校体育館で行われました。小学生が4団体5チーム、中学生は11校が参加し、午前中に団体戦、午後から個人戦が行われました。選手宣誓の後「日本剣道形」が披露され、四つのコートで団体戦が始まりました。中学生の団体戦は5人制で行われますが、次峰に女子か1年生を入れる以外は自由というチーム編成。大会は当初9月下旬に開催の予定でしたが、学校の事情でこの時期に延期されました。この冬一番となる冷え込んだ一日となりましたが、寒さをもろともせず気合の入った掛け声、正座し背筋を伸ばして戦況を見つめるりりしい姿、そして挨拶、返事もみごとで、まさに日本古来の武道としてこれからも大切に伝えていきたい文化だと思いました。

市民弓道大会(12.8)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-12-8 21:08
▽節目となる第20回市民弓道大会が松山下公園総合体育館弓道場で行われました。射会の始めに行う矢渡(やわたし)では、三須会長が射手、第一介添えを横山錬士、第二介添えを天ヶ谷五段が務めました。競技は一人4本ずつを3回、計12射で順位を競いました。参加者18名の中には、今年の弓道教室で初めて弓を握ったフレッシュな選手もいました。優勝は7中2名による射詰めを制した宝田浩揮選手、2位は酒井徹選手、3位は6中3名での遠近の結果、三須俊夫選手が入りました。弓道協会では、武道としての弓道の魅力を伝えるため毎年初心者弓道教室を開催しています。一度体験してみませんか?

印旛郡市駅伝競走大会(12.2)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-12-2 19:39
▽今年で88回目を迎えた伝統の印旛郡市駅伝競走大会は、岩名運動公園陸上競技場をスタート・ゴールとする周回コース(6区間:29.20km)で行われました。印西市は今年も順大生の力を借りてレースに臨みました。1区の近藤亮太選手(順大1年)、続く2区の松浦健文選手(一般)、3区人見隆之選手(順大1年)が区間賞の快走で2位を大きく引き離し、レースを優位に進めました。4区・5区で連覇を目指す成田市に追い上げられるもトップの座は譲らず、22秒の差をつけて最終区の吉岡智輝選手(順大1年)に襷をつなぎました。吉岡選手は期待に応える好走(区間1位)でさらにリードを広げ、印西市が3年ぶり10度目となる優勝を果たしました。3位は佐倉市でした。▽来年2月に行われる「千葉県新人駅伝競走大会予選会」を兼ねて行われた中学校の部では、女子の部で西の原中が2位、木刈中が3位、男子の部で西の原中が2位、印旛中が3位に入り、見事県大会への出場権を獲得しました。▽昨年の大会で通算10回目の出場を果たした五十嵐航選手が、開会式の冒頭で功労者表彰を受けました。

印西小学校駅伝競走大会(11.27)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-11-27 20:39
▽今回で13回目の開催となる印西小学校駅伝競走大会が松山下公園周回コースで行われ、市内全20校男女70チームが白熱したレースを展開しました。開会式で選手を代表して小林北小の2選手が元気よく宣誓し、8時50分に女子(5区間 6.753km:参加35チーム)がスタートしました。2区でトップに立った原小が2位の高花小に14秒の大差をつけアンカーにタスキをつなぎましたが、高花小が競技場手前で原小を抜き去り歓喜のゴール。大逆転で見事2連覇を果たしました。3位はいには野小でした。男子(5区間 8.121km:参加35チーム)は、3区まで原小がレースを優位に進めましたが、いには野小が4区でトップを奪うと、最終5区も堅実に走りでリードを保ち昨年に続いて優勝。2位は後半追い上げた木刈小、3位は原小でした。3位まで入賞したチーム全員にメダルが、そして区間賞を獲得した選手に楯が贈られました。また、学校記録を更新した小林北小女子チームと牧の原小男子チームに敢闘賞が贈られました。各小学校ともに、児童が沿道に立ち大きな声を出して応援していました。自分のチームだけでなく、どのチームにも分け隔てなく声援を送る姿は立派でした。とりわけ小倉台小の声援はすさまじく、「応援賞」を上げたいくらいの素晴らしい応援でした。今年も順天堂大学の長距離3選手(4年生)が全区間を伴走してくれました。新春に行われる箱根駅伝に出場する選手たちの伴走を受けて、子どもたちも心強かったことでしょう。

秋季市民バスケットボール大会(11.25)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-11-25 21:20
▽秋季市民バスケットボール大会は今日が最終日。女子決勝は「NAOG」と今大会初参加の「Wednesday」の対戦となりました。準決勝で大会7連覇中の「I.L.B.C」を延長戦の末に破った「NAOG」が、若さとスピードある攻撃で24−15とリードして前半を終えました。後半に入っても高さとスピードで圧倒してさらにリードを広げ、3P終了時には42−23と大量リード。「Wednesday」は4Pに入り3ポイントシュートで反撃しましたが、最後は「NAOG」が20点もの大差をつけ久々のの優勝を果たしました。▽男子決勝は、春季大会優勝の「PATRIOT」と、初めて決勝に勝ち上がった「Charie」が対戦しました。スピードと速いパス回しで優る「PATRIOT」が前半を58−32と大きくリードして折り返しました。戦力をやや欠いている「Charie」は、単調な攻撃が防がれ最後まで得点を詰めることができず、101−58と圧倒した「PATRIOT」が連覇を果たしました。▽多目的広場では「印西スワンオープンペタンク大会」が開催されました。32組(96人)が参加し、夕方まで熱戦が展開されました。6月の大会は小雨が降り続くあいにくの天気でしたが、この日は小春日和となり、選手たちは気持ちよさそうにプレイしていました。

印西シニア野球リーグ戦(11.25)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-11-25 19:50
▽野球レベルの向上と親睦を目的として2年前にスタートした「印西シニア野球リーグ戦」が25日(日)最終戦を迎えました。2018シーズンは、印西市内から5チーム(寿印西エンドレス、小林エンジョイズ、印西ブルースカイズ、滝野ラーバンズ、船穂アスレティッククラブ)、市外から2チーム(布佐上町、ワイルドダッツ:八千代市)の計7チームによる総当たりのリーグ戦で行われました。選手は40歳以上であることが条件ですが、チーム事情により40歳に達しない選手の出場を2名まで認めています。(但し、ポジションは投手と捕手以外とする)また、70代の選手が数多く参加することから、70歳以上の投手は還暦ルールによる投球ができる(通常より2m手前)、DHで出場する選手数は無制限にするなど、みんなで野球を楽しめるよう特別ルールを採用しています。今日の第3試合で勝つか引き分ければ優勝という条件で臨んだ船穂アスレティッククラブ。最終回1点差まで詰め寄ったものの一歩及ばず、11勝6敗の滝野ラーバンズが優勝。3月から11月まで16日間、計48試合行われたリーグ戦。来シーズンは3月3日(日)にスタートします。
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT