千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2018年 6月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

トピックス - すこやか相撲大会(6.28)

すこやか相撲大会(6.28)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-6-28 20:40
▽今回で9回目の開催となる「すこやか相撲大会」が原山小の相撲場で行われました。屋根つきの立派な相撲場を持つ原山小が、相撲を通して心身の鍛練と健康の増進を図ろうと隣の内野小に呼びかけ、平成23年12月に始まりました。2年目からは、男子の部に加えて5年生以上による女子個人戦も行われるようになりました。大会は学年別に行われ、男女ともに5人制による団体戦と個人戦が行われました。土俵際の詰めが甘く、有利な体制から思わず先に足が出てしまう相撲もありましたが、土俵際の逆転や豪快な投げ技など白熱した取り組みが続き、1分以上取り合う相撲もあり行事泣かせの熱戦が展開されました。今年は男の子にも勝てそうな正攻法の女の子もいて、相撲のレベルの高まりを感じました。勝つと体全体で喜びを表し、負けると土俵下で悔し涙を流す子どもたち。また、勝負が決まった後、相手をかばったり、手を差し出す光景も多くみられました。「勝つことの喜び、負けることの悔しさを体験することにより、勝者をたたえ敗者へ思いやりの心を育てる」というねらいは十分に達成できたと思いました。土俵下には、相撲場ができた当時、原山小の校長先生だった大の相撲通である小野寺前教育長や歴代校長先生方、児童・保護者が大勢陣取り、手に汗握る熱戦を食い入るように見つめ、耳をつんざくような大きな声を出して応援していました。5年前には貴乃花部屋の力士、さらには貴乃花親方と奥様が訪れ「相撲教室ドスコイ」が開催されるなど、子どもたちの相撲熱はますます高まっています。学校・地域の特色ある行事としてこれからも続けていってほしいと思います。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inzai-taikyo.jp/modules/d3blog/tb.php/922
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT