千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2019年 1月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • カテゴリ 各種大会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

トピックス - 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(1.3)

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(1.3)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2019-1-4 14:10
▽往路優勝の東洋大を8区で逆転、5連覇を目指した青山学院大に3分以上の大差をつけ、“悲願の初優勝”を果たした東海大の強さが際立った第95回箱根駅伝。この2日間テレビにくぎ付けとなった駅伝ファンも多かったことでしょう。例年、ゴールまで残り3キロ付近で待ち構えていましたが、今年は「印西J友会」の誘いを受け、2日間ワゴン車で移動しながら、3区と7区を除く8区間の走者を間近で応援する応援部隊として参加しました。1988年に順天堂大学さくらキャンパスが旧印旛村に移転した際、「地元として何か応援できることはないか」と模索したその一つがこの箱根駅伝の応援でした。あれから30年、今年も佐藤榮一会長(元印旛村村長)以下14名の応援部隊は沿道でしっかり応援してきました。どの地点もランナーが通過する1時間以上前からすでに黒山の人だかり、「カープ女子」ならぬ「駅伝女子」の姿が目に付きました。彼女たちに共通しているのは、「〇〇選手、頑張れ!」とフルネームで応援していること。はるばる広島から駆け付けた女の子は、ひいきの大学だけでなく通過する選手一人一人に声援を送っていました。また、復路は中継点手前1〜2キロの地点だったこともあり、各大学の監督車からの選手への声掛けを聞くことができました。今回は「男だろう!」といった言葉こそありませんでしたが、「いいペースだ。このまま走り切れば区間賞獲れるぞ。」といった落ち着いた声掛けが多かったようです。▽1区で19位と出遅れた順大でしたが、2区のエース塩尻選手、5区山田選手の力走もあって往路は7位でゴール。宿舎で出会った長門監督に「シード権の獲得が見えてきましたね。」と声をかけると、「いや、安心はできません。明日どのくらい粘ってくれるか、とにかく明日が勝負です。」と。2日目は監督の言葉通り全区間中位の区間記録でつなぎ、順位は一つ落としたもののシード圏内の8位でゴール。優勝争いに加わることはできませんでしたが、来年につながる最低限の走りはできました。▽1日目のレースを終え、5時過ぎから順大の定宿でJ友会会員、OB、大学関係者など200名ほどが出席し、「新年会(夕食会)」が行われました。激励のあいさつの後、恒例となっている4月からメンバーに加わる新入部員4名の紹介がありました。応援部隊として初めて参加した今年の箱根駅伝。見ごたえのある迫力ある写真もたくさん撮れました。来年もぜひ参加したいと思いました。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inzai-taikyo.jp/modules/d3blog/tb.php/955
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT