千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2020年 8月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 印西小学校駅伝競走大会(11.29)

印西小学校駅伝競走大会(11.29)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2016-11-29 15:10
▽今回で11回目の開催となる印西小学校駅伝競走大会が松山下公園周回コースで行われました。心配された風も吹かず時折日差しのさす絶好のコンデションに恵まれ、市内全21校男女64チームが白熱したレースを展開しました。開会式で選手を代表して永治小の2選手が元気よく宣誓し、8時57分に女子(5区間6.753km:参加30チーム)がスタートしました。1区で4秒差の2位と好位置につけた「滝野小」が2区でトップに立つと、その後も安定した走りでタスキをつなぎ、見事初優勝を果たしました。2位は「原小」、3位は「小倉台小」でした。男子(5区間8.121km:参加34チーム)は、3区まで小差の3位につけた「木刈小」が、区間記録を8秒更新する4区の快走でトップに浮上。最終5区では、2秒差で追う「いには野小」とゴールまで激しい競り合いが続きましたが、1秒差で振り切り8年ぶり3回目の優勝。3位は「大森小」でした。3位まで入賞したチーム全員にメダルが、そして区間賞を獲得した選手に楯が贈られました。また、毎年記録を更新している「本埜二小女子チーム」と「平賀小男子チーム」に敢闘賞が贈られました。来年3月をもって統廃合となる永治小は今大会がラストラン。思い出に残る走りをしようと練習に取り組んできましたが、この日体調不良のため4選手が欠席。女子はゴールできたものの、男子は4区で打ち切りとなり残念な結果となりました。各小学校ともに、児童が沿道に立ち大きな声を出して応援していました。自分のチームだけでなく、どのチームにも分け隔てなく声援を送る姿は立派でした。今年も順天堂大学の長距離3選手が全区間を伴走してくれました。新春に行われる箱根駅伝に出場する選手たちの伴走を受けて、子どもたちも心強かったことでしょう。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inzai-taikyo.jp/modules/d3blog/tb.php/774
« « 2016 11月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT