千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2020年 7月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 2020いんざい室内棒高跳(2.8)

2020いんざい室内棒高跳(2.8)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2020-2-8 21:30
▽I.P.V.A(印旛・ポール・ヴォウルト・アカデミー)が主催する「いんざい室内棒高跳」1日目が、松山下公園総合体育館で行われました。今年で20回目の開催ですが、日本陸連公認大会とあって県内外から中学生、高校生、大学生、社会人92名が出場、自己記録の更新を目指して大会に臨みました。今年の中心は大学生。日大、順大、清和大などから5mジャンパーが大挙出場し、会場を沸かせました。日本記録保持者の澤野大地選手は出場せず、日大選手の指導に専念していました。28名出場した一般男子の部では、5m30を1回でクリアした昨年優勝の澤翔吾選手(日大OB:きらぼし銀行)とジュニア日本記録保持者の江島雅紀選手(日大3年)が5m40に挑みましたがクリアならず。そんな中、インターハイで澤野大地選手に続いて2位という実績を誇る小野寺晃選手(宮城県:佐沼PVC)が、39歳という年齢を感じさせない見事な跳躍で5m10を跳びました。高校女子では、渡辺南月選手(岡崎城西高3年)が3m80mに成功、今シーズンへの期待を抱かせる力強い跳躍を見せていました。明日は午前10時30分から中学生と高校生の部が行われます。8月にイオンモールで行われる「街かど棒高跳」との二本立てで競技人口を増やし、日本や世界で戦える選手を育てようとI.P.V.Aの奮闘が続いています。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://inzai-taikyo.jp/modules/d3blog/tb.php/1023
« « 2020 7月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT