千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2018年 4月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

トピックス - 最新エントリー

全国大会に向けて(8.14)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-8-14 13:05
▽今月19日から3日間、岡山市シテイライトスタジアムで開催される「第45回全日本中学校陸上競技選手権大会」に印西市から6名の中学生が参加します。植木優太くん(本埜中3年)と末廣元斗くん(小林中3年)が走幅跳に、山本飛和くん(船穂中3年)が棒高跳に、そして西の原中からは走幅跳に伊藤隼人くん(3年)、砲丸投に牧田利乙夢さん(3年)、1500mに鈴木優奈さん(2年)の3選手が出場します。全国大会に出場するためには、7月上旬に行われる県通信大会、下旬に行われる県総体のいずれかの大会で全国大会参加標準記録(男子走幅跳:6m55、男子棒高跳:4m00、女子砲丸投:12m50、女子1500m:4分38秒00)を突破しなければなりません。 14日、全国大会に向けて松山下公園陸上競技場で練習に励む西の原中の3選手に抱負を語ってもらいました。先週行われた関東大会で7m16の大ジャンプで優勝した伊藤くんは、「調子がいいので、全国では優勝したいです。できれば中学記録(7m40)を更新できるよう思い切って跳びたいです。」これまでどうしても勝てなかった植木くん(県通信大会7m00、県総体7m09でともに優勝)に関東大会で初めて勝ち、気持ちも乗っているだけに期待大です。通信大会以降やや調子を落としている牧田さんは、「砲丸投は最終日に行われるので、残り1週間しっかり調整して臨み、予選を突破できるよう頑張ります。」唯一2年生で参加する鈴木さんも「来年に向けて積極的なレースをしたいです。」とそれぞれに力強く語ってくれました。3選手ともに予選を突破すれば、21日午後放送予定のNHKEテレで競技の様子を観戦できます。

印西街かど棒高跳(8.5)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-8-5 20:10
▽今ではすっかり夏恒例のスポーツイベントとなった「印西街かど棒高跳び」(主催:印旛ポールヴォウルトアカデミー)が、4日、5日の2日間、イオンモール千葉ニュータウン「コスモス広場」で行われました。2日目は中学生2.3年生の部が行われました。今月19日から岡山県で開催される全日本中学校陸上選手権大会に出場する山本飛和選手(船穂中)と加瀬遼大選手(嶺南忠)ら62選手が出場、優勝記録も4m05まで引き上げ大会を大いに盛り上げました。観客席からは選手がクリアーするたびに歓声と拍手が起こり、間近に見るダイナミックな跳躍に大満足していました。

第69回印旛郡市民体育大会最終日(7.16)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-7-16 17:07
▽大会もいよいよ最終日。岩名陸上競技場で行われた陸上競技は、各種目むらなく得点を重ねた男子は優勝、女子は佐倉市と得点で並びましたが、優勝種目数の差で惜しくも2位でした。八街スポーツプラザで行われた弓道は3位に終わり4連覇はならず、相撲も優勝に届かず3位。今年も打倒佐倉市を果たせず総合準優勝に終わりました。

第69回印旛郡市民体育大会4日目(7.15)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-7-15 21:22
▽中心会期となる大会4日目、前日に続いて最高気温が35度を超える猛暑の中で、7競技12種目が行われました。総合優勝を目指す印西市は4種目で優勝、トップを行く佐倉市を猛迫しました。準決勝から登場したバスケットボール女子は余裕の試合運び、決勝でも白井市を大差で下し4年連続優勝。昨年2年ぶりに優勝したテニス女子は、シングルスに強力な選手を擁する佐倉市に対し、メンバー変更がずばりとあたり昨年に続いて優勝。ここ数年決勝に進出するも優勝できずにいた男子でしたが、今年はメンバー全員が強い決意で臨み、準決勝で昨年優勝の白井市、決勝でも佐倉市との競り合いを制し、8年ぶりとなる男女アベック優勝を果たしました。昨年男女ともに1回戦で敗退した卓球は、1回戦を突破し3位。バレーボール男子はフルセットの末に1回戦で敗退したものの、女子は1回戦を突破し、準決勝で昨年優勝の四街道市と対戦しました。勝負の3セット目、16−9と大きくリードし優位に試合を進めましたが、そこから逆襲を受けよもやの逆転負け。軟式野球は順当に決勝に進出、決勝は息詰まる投手戦となりましたが、常に先手を取った印西市が3−2で四街道市を破り2年ぶりに優勝。柔道は1回戦で敗退、ソフトテニスは男女ともにグループリーグ3位となり、決勝進出を逃しました。明日は最終日、陸上競技、弓道、相撲が行われます。

第69回印旛郡市民体育大会3日目(7.14)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-7-14 18:42
▽大会3日目は35度を超える炎天下の中で6競技(9種目)が行われました。1回戦を圧勝したサッカーはこの日も快進撃。準決勝は7−1(富里市)、決勝でも酒々井町相手に8割以上ボールをキープする一方的な展開。4−0で快勝し4年連続優勝を果たしました。若手が躍動した印西市、当分の間王座は揺るぎそうありません。テニスは男女ともにブロック1位で明日の決勝トーナメント進出を決めました。ここ2年1回戦敗退が続いていた剣道は、1回戦で四街道市に競り勝ち第3位。昨年よもやの1回戦敗退を喫した男子バスケットボールも富里市を11点差で下し準決勝に進出。さらにクレー射撃も踏ん張り準優勝。ソフトボールは男女ともに1回戦で敗退しましたが、明日は連覇の期待がかかるテニス(女子)、バスケットボール(女子)に加えて、空手道・柔道・野球・ソフトテニス・バレーボール・卓球が行われます。なお、11日(水)に行われたゴルフ競技は、優勝した八街市に4打及ばず2位、7連覇はなりませんでした。
▽第69回印旛郡市民体育大会が始まりました。白井市陸上競技場で行われたサッカー1回戦に登場した印西市は、粘る八街市を5−2で下し4連覇に向けてまずまずのスタートを切りました。長嶋茂雄記念球場で行われた軟式野球は富里市と対戦。初回4連打で3点を先制すると、4回にも打線がつながり6−1と大量リード。終盤2点差まで詰められたものの何とか逃げ切り、準決勝進出を決めました。松山下公園総合体育館で行われたバドミントンは、男女ともに1回戦で敗れ、上位進出はなりませんでした。

すこやか相撲大会(6.28)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-6-28 20:40
▽今回で9回目の開催となる「すこやか相撲大会」が原山小の相撲場で行われました。屋根つきの立派な相撲場を持つ原山小が、相撲を通して心身の鍛練と健康の増進を図ろうと隣の内野小に呼びかけ、平成23年12月に始まりました。2年目からは、男子の部に加えて5年生以上による女子個人戦も行われるようになりました。大会は学年別に行われ、男女ともに5人制による団体戦と個人戦が行われました。土俵際の詰めが甘く、有利な体制から思わず先に足が出てしまう相撲もありましたが、土俵際の逆転や豪快な投げ技など白熱した取り組みが続き、1分以上取り合う相撲もあり行事泣かせの熱戦が展開されました。今年は男の子にも勝てそうな正攻法の女の子もいて、相撲のレベルの高まりを感じました。勝つと体全体で喜びを表し、負けると土俵下で悔し涙を流す子どもたち。また、勝負が決まった後、相手をかばったり、手を差し出す光景も多くみられました。「勝つことの喜び、負けることの悔しさを体験することにより、勝者をたたえ敗者へ思いやりの心を育てる」というねらいは十分に達成できたと思いました。土俵下には、相撲場ができた当時、原山小の校長先生だった大の相撲通である小野寺前教育長や歴代校長先生方、児童・保護者が大勢陣取り、手に汗握る熱戦を食い入るように見つめ、耳をつんざくような大きな声を出して応援していました。5年前には貴乃花部屋の力士、さらには貴乃花親方と奥様が訪れ「相撲教室ドスコイ」が開催されるなど、子どもたちの相撲熱はますます高まっています。学校・地域の特色ある行事としてこれからも続けていってほしいと思います。

印西オープンペタンク大会(6.24)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-6-24 20:50
▽印西オープンペタンク大会が松山下公園多目的広場で行われました。大会には県内外から36チーム(1チーム3名編成)が参加し、9ブロックに分かれてリーグ戦を行った後、上位16チームが決勝トーナメントに進出する方法で行われました。前日降り続いた雨も夜には上がり、天気は徐々に回復という予報でしたが、競技が始まったとたんに大粒の雨が降り出しました。豪雨とならない限り中止になることはないというペタンク競技、参加者は慌てることなく用意した雨合羽を着用し競技に集中していました。午後からは晴れ間が広がり、「風もなくペタンク競技には最高のコンディション」(大会関係者の声)となりました。

北総壮年野球大会(6.24)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-6-24 16:33
▽3週にわたって行われた北総壮年野球大会は今日が最終日。Aゾーンは高花公園球場で、Bゾーン(敗者戦)は小林中学校グランドでそれぞれ準決勝・決勝が行われました。Aゾーンはサドンデスの末、高津倶楽部(八千代市)が佐倉クラブを7−6で下し初優勝。Bゾーンの決勝戦は、両チーム合わせて6本のホームランが飛び出す壮絶な打撃戦となりましたが、滝野ラーバンズが和野球クラブ(栄町)に逆転勝ち(13−10)、昨年Aゾーンに続いての優勝を果たしました。

弓道教室(6.24)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2018-6-23 12:43
▽弓道協会が主催する「弓道教室」が松山下公園総合体育館弓道場で開催されています。弓道の愛好者を増やし、市内に2か所ある弓道場を大いに利用してもらいたいという思いから2年前にスタートしました。3回目の開催となる今回の教室には11名が参加し、先月12日(土)から始まりました。10日間受講しますが、8回目となる今日は、入場から退場までの基本体(姿勢と動作)と、実際に弓を使って「射法八節」の練習を行いましたが、受講者の皆さんは熱心に講師の方々の話や作法を見聞きしていました。短期間で「射法八節」という定められた動作を習得するのは難しいようですが、段階的に練習を行うことで徐々に技能を身につけていきます。弓矢という危険なものを扱うため、何よりも安全に注意して行われています。教室に参加した動機を聞いてみると、「日光の流鏑馬を見てから機会があればやってみたいと思っていた」「息子がやっていたので」「前から興味があったので」と様々ですが、参加者は緊張した面持ちながらも弓を射る楽しさを分かりかけてきたようです。この日の指導スタッフは9名、マンツーマンに近い形で懇切丁寧に指導に当たっていました。明日9回目が行われ、最終日となる30日(土)に修了試験(受講者による一手行射、審査の間合い)が行われます。
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT