千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ

トピックス - 最新エントリー

秋季市民バスケットボール大会(11.19)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-11-19 19:25
▽秋季市民バスケットボール大会1日目が松山下公園総合体育館で行われました。女子の部には5チーム、男子の部には17チーム(1部:12チーム 2部:5チーム)が参加しました。男子2部は勝敗にとらわれずバスケットボールを楽しみたいチームの部ですが、1部に負けないほどの高いレベルでゲームをしていました。女子の部で5連覇中のI.L.B.Cは、初戦を75−28、2戦目も83−41で圧勝、26日に行われる準決勝進出を決めました。男子2部はこの日で終了、26日は男子1部、女子ともに準決勝、決勝が行われます。

印西オープン水泳大会(11.5)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-11-5 19:17
▽印西市水泳連盟が主催する「印西オープン水泳大会2017」が印西温水センターで行われました。今年も県内外から441名の選手が参加、70名の競技スタッフの運営により男女27種目で競技が行われました。スイミングスクールに通う小学生が大半を占める中、70代、80代のベテラン選手の姿もあり、まさに老若男女が年代別に日頃の練習の成果を競い合いました。

印西近隣中学校卓球大会(11.3)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-11-3 20:02
▽「第37回印西近隣中学校招待卓球大会」が松山下公園総合体育館で行われました。今大会には県内外から男子37校、女子25校が参加し、午前中予選リーグ、午後から予選を勝ち抜いた各グループの1位・2位が決勝トーナメント進出という方法(4単1複)で行われました。男子決勝は周西南中(君津市)と高津中(八千代市)、女子は準決勝をともに3−2で勝ち上がった臼井西中と高津中の対戦となりました。男子決勝はシングルスでともに2勝、勝負となったダブルス戦もフルセット、しかもジュースまで持ち込まれる大接戦となりましたが、周西南中が振り切り初優勝しました。女子は明後日に八千代市大会を控えた高津中が粘る臼井西中をストレートで下し初優勝。今年も決勝トーナメントと並行して、予選で敗退したチーム同士による交流試合が34台用意した卓球台をフル活用して行われました。前日の会場準備から始まり、当日の大会運営、後始末と軽快なフットワークで飛び回る市卓球連盟の皆さんの働きは実に見事でした。

秋季市民クレー射撃大会(10.28)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-10-28 15:24
▽散弾銃の発射音が鳴り響く成田射撃場。恒例の秋季市民クレー射撃大会が午前9時過ぎから始まりました。今回の参加者は18名。クレー射撃にはトラップとスキートの2種目ありますが、年2回開催される市民大会はトラップ射撃で行われます。射撃地点から10m離れた位置で2枚のクレーが放出されるダブル(50点)、続いて10m(25点)、15m(25点)の距離で1枚のクレーを撃ち続け、放出される合計100枚(100点)のクレーを何枚打ち落とすか点数で競います。この日は心配された雨にも降られず、曇り空・無風と競技者には絶好のコンディション。午前中行われた10mのシングルでは、20点台(25点満点)をマークする選手が続出しました。6か所設置されている射撃場では他市町の大会が同時に行われ、成田射撃場は一日中発射音が鳴り響いていました。

青少年剣道大会(10.22)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-10-22 17:34
▽今年で26回目の開催となる「印西市青少年剣道大会」が松山下公園総合体育館で行われました。小学生が4団体6チーム、中学生は11校が参加し、午前中に団体戦、午後から個人戦が行われました。選手宣誓の後「日本剣道形」が披露され、四つのコートで団体戦が始まりました。中学生の団体戦は5人制で行われますが、次峰に女子か1年生を入れる以外は自由というチーム編成。小学生団体は北総中央剣友会同士の対戦となり、Aチームが優勝。中学生団体は木刈中が優勝、2位は利根中でした。台風21号の影響で激しい風と雨が降りしきる一日となりましたが、館内は台風を吹き飛ばすかのような熱戦が展開されました。気合の入った掛け声、正座し背筋を伸ばして戦況を見つめるりりしい姿、そして挨拶、返事もみごとで、まさに日本古来の武道としてこれからも大切に伝えていきたい文化だと思いました。

秋季市民バドミントン大会(10.15)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-10-15 20:05
▽「秋季市民バドミントン大会」個人戦が松山下公園総合体育館で行われました。今大会には男女36組が出場、実力に応じた自己申告制により3部に分かれて総当たりのリーグ戦という試合形式で行われました。(男子1部、女子2部は決勝トーナメント)春季大会に数多く参加した中学生は、今大会は西の原中ペア1組。やや淋しい大会となりました。

中学校駅伝競走大会(10.11)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-10-11 19:42
▽第70回(男子)第26回(女子)印旛郡市中学校駅伝競走大会が佐倉市岩名運動公園周回コースで行われ、印西市の中学生が男女ともに優勝という快挙を成し遂げました。(男子:6区間19.1 44校59チーム出場 女子:5区間13.0 42校52チーム出場) 女子は10時30分にスタート。1区でトップに立った滝野中が、続く2区も区間賞の走りで2位以下を大きく引き離すと、3区以降も区間2位から3位という快走。みごと初優勝を果たしました。ダークホース的な存在だった滝野中は全員バスケットボール部の1.2年生。体操服で走る選手たちは最終区間まで勢いがありました。西の原中が4位に入り県大会の出場権を初めて獲得しました。男子は、1区から好位置につけた木刈中が3区でトップに浮上、その後も安定した走りで2位の公津の杜中に400m近い大差をつけ2連覇(4回目の優勝)を達成しました。今日は気温がかなり上がる予報でしたが、最高気温22度、微風というランナーにとっては絶好のコンディションとなり、中学生ランナーは歯を食いしばって力走しました。県大会は11月4日(土)に柏の葉運動公園周回コースで行われます。

スポーツフェス2017(10.9)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-10-9 18:33
▽体育の日にふさわしい爽やかな秋空のもと、印西市最大のスポーツイベント「スポーツフェス2017」が松山下公園で行われました。「みんなでスポーツを!」をテーマに、1,500人を超える市民が参加しました。参加者は用意された6つのジャンル(チャレンジ・体験・観る・キッズ・教室・大会)19種目に積極的に挑戦し、スポーツの秋を心ゆくまで楽しんでいました。「観る」では、コスモス新体操クラブの華麗な舞い、国内トップレベルで活躍している宇山芽紅選手(金沢学院大4年:西の原中卒)を始め、4選手が宙を舞う美しいトランポリンの演技、そして、印西市のクライマーたちの鍛錬した技に観客席から感嘆の声が上がりました。体験コーナーでは、東京オリンピックで正式種目となったクライミングと今年初めて用意されたボルダリングが人気を呼び朝から長蛇の列が…。今回サブアリーナに場所を移して行われた「体力測定」をはじめ、陸上競技場では「50m走」や「1500m急歩」に多くの市民が挑戦、終日にぎわっていました。今年も市民の健康志向の高まりを感じた一日となりました。

千葉県寿野球大会(10.1)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-10-1 20:30
▽県内から14チームが参加し、第28回寿野球千葉県大会(参加資格45歳以上、平均年齢50歳以上)が高花公園球場と印旛中央公園球場で1回戦6試合が行われました。印西市からは4チームが出場しましたが、優勝経験のある強豪の若潮市原野球倶楽部にサヨナラ勝ちした「大森クラブ」以外はいずれも敗退しました。1週空けて15日(日)に準々決勝(敗者戦1回戦)が、22日(日)に準決勝・決勝が行われます。 <第1日目試合結果> ■ブルースカイズ(印西市)3−4 ワイルドダッツ(八千代市)■和(栄町)6−5 高津クラブ(八千代市)■寿印西エンドレス(印西市)0−1 千葉臨海A(千葉市)■小林エンジョイズ(印西市)8−13 白井カトレア(白井市) ■大森クラブ(印西市)3−2 若潮市原野球倶楽部(市原市) ■好球会(八千代市)3−8 八千代ブレインズ(八千代市)

関東大学女子駅伝(9.24)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
taiiku 2017-9-24 18:09
▽印西市で10回目の開催となる「関東大学女子駅伝対校選手権大会」が千葉ニュータウン周回コース(6区間30.6km)で行われました。大会には24大学25チームが参加し、10月29日(日)に杜の都仙台で行われる「第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会」への出場権獲得をめざして力走しました。午前9時30分に東京電機大学構内をスタート。大会連覇を目指す大東文化大が序盤大きくリードしましたが、1区から好位置につけた東洋大が5区で逆転。最終区も堅実に走り歓喜のゴールテープを切りました。序盤大きく出遅れた地元順天堂大は後半盛り返し6位に入賞。シード権を持つ大東文化大、日本体育大、東洋大の3校を含む9校(東京農業大、城西大、順天堂大、白鷗大、玉川大、中央大)が全日本への出場権を得ました。閉会式で有吉会長から「今日の大会は天候にも恵まれすばらしいレースが展開された。終盤逆転し初優勝を遂げた東洋大学をはじめ、仙台ではぜひ関東旋風を巻き起こしてほしい。」という講評がありました。今年も沿道には大勢の駅伝ファンが駆けつけ盛んに声援を送っていました。
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT