千葉国体 懐かしの写真集 地域統合型スポーツクラブ
拡張ミニカレンダー (piCal)
前月2021年 12月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

トピックス - 最新エントリー

市民弓道大会(12.4)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-12-4 16:58
▽第23回市民弓道大会が松山下公園総合体育館弓道場で行われました。10月以降コロナ新規感染者数が減少し、落ち着きを見せてはきたものの、。殻を避ける▲泪好着用時間短縮などの感染対策をしっかりと実施する中で、参加者26名(男子15名、女子11名)が全8射の的中数によって技を競い合いました。川村綾美選手が8射7中で初出場・初優勝に輝きました。2位と3位は6中同士の2人が遠近競射を行い、2位に鳩貝俊行選手、3位に塚田雅裕選手が入賞しました。昨年の大会は寒さで指がかじかむ悪条件の中で行われましたが、今年はポカポカ陽気となり、選手は程よい緊張感の中で気持ちよさそうに射っていました。

印西シニアリーグ(11.28)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-11-28 18:50
▽野球レベルの向上と親睦を目的として5年前にスタートした「印西シニア野球リーグ戦」が28日(日)に最終戦を迎えました。2021シーズンは、印西市内から5チーム(寿印西エンドレス、小林エンジョイズ、印西ブルースカイズ、滝野ラーバンズ、船穂アスレティッククラブ)、市外から3チーム(布佐上町:我孫子市、ワイルドダッツ:八千代市、和:栄町)の計8チームによる総当たりのリーグ戦で行われました。選手は40歳以上であることが条件ですが、チーム事情により40歳に達しない選手の出場を2名まで認めています。(但し、ポジションは投手と捕手以外とし盗塁は禁止)また、70代の選手が数多く参加することから、70歳以上の投手は還暦ルールによる投球ができる(通常より2m手前)、DHで出場する選手数は無制限にするなど、みんなで野球を楽しめるよう特別ルールを採用しています。今シーズンは11勝3敗3引分けの滝野ラーバンズが優勝。3月から11月まで16日間、計53試合行われたリーグ戦。来シーズンは3月6日(日)にスタートします。

小学校駅伝競走大会(11.25)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-11-25 14:51
▽今回で15回目の開催となる印西小学校駅伝競走大会が松山下公園周回コースで行われ、市内全18校、男女36チームが白熱したレースを展開しました。最初に女子(5区間 6.753km)がスタート。2区で木下小を激しく追い上げ、同タイムながらトップに立った「小倉台小」が、その後も堅実な走りで後続を引き離して優勝。2位は最終5区で逆転した「木下小」、3位は「高花小」でした。男子(5区間 8.121km)は、序盤から好位置につけ、4区でトップに立った「木刈小」が、2位の「小倉台小」に28秒の大差をつけて歓喜のゴール。3位は「いには野小」でした。学校記録を更新した「本埜小女子チーム」と、学校記録に近い好タイムで10位に入った「小林北小男子チーム」に敢闘賞が贈られました。▽コロナ禍のため昨年は中止となり、2年ぶりの開催となった本大会。これまで各校2チームを編成してレースに臨んでいましたが、今大会は三密を避けるため1チームのみの参加。毎年大会を盛り上げている児童の応援部隊もなし。保護者の応援も選手一家庭一人までという制限を設けて行われました。スポーツ大会が軒並み中止になっている中での開催は、主催者の教育委員会も悩んだことでしょう。でも参加した子どもたちの表情からも「やってよかった」と誰もが思える大会となりました。今年も順天堂大学の長距離3選手(4年生)が全区間を伴走してくれました。新春に行われる箱根駅伝に向けて練習に励む選手たちの伴走を受けて、子どもたちも心強かったことでしょう。伴走を終えた選手からは「皆さんからパワーをいただいた。箱根駅伝を楽しみにしてください」というメッセージがありました。上位進出を期待したいです。

市民バスケットボール特別大会(11.21)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-11-21 17:08
▽例年なら6月と11月に一般対象の市民大会が、そして8月にミニ・バスケ大会が協会主催で開催されます。しかし、コロナ禍のため昨年は3月以降、今年も非常事態宣言が解除された9月まで、大会どころか練習もままならない状況が続きました。その後、感染者数が減少し、落ち着きを取り戻したこともあり、子どもたちだけでも交流の機会を持たせたいという思いから、特別大会を開催することになりました。大会初日の今日は、市内7チームが男女それぞれ2つのブロックに分かれて2試合ずつ対戦しました。試合はいつもと違う静かな雰囲気で進みましたが、ゴールを決めるたびに2階ギャラリーの保護者席から拍手が送られるなど、子どもたちは久々にゲームができた喜びを感じたことでしょう。来週、各ブロックの上位2チームがトーナメント方式で対戦します。サブアリーナでは、家庭婦人シニアの部(60歳以上)が行われ、年齢を感じさせない元気なプレイを展開していました。▽野球場では、第43回木下杯少年野球大会2日目が行われました。大会には近隣市町から27チーム(印西市からは8チーム)が参加し、28日に準決勝・決勝が行われます。

市民パークゴルフ大会(11.18)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-11-17 14:53
▽「カキーン、カキーン」…そんな小気味いい音があちこちから聞こえてきます。朝から青空が広がった泉公園パークゴルフ場に、40人ほどの選手が参加して「市民パークゴルフ大会」2日目が行われました。大会は例年1日で行っていますが、コロナ禍が続いている状況を考慮し、今年も4日間の分散開催(36ホール)となりました。今回の参加選手は150名、最高齢は90歳、70代の選手が大半を占めています。毎日運営に当たっている競技役員の皆さんも一緒にプレイし、楽しそうです。会場の泉公園パークゴルフ場はオープンして5年以上経ちますが、「県内のパークゴルフ場の中でもトップクラス」のよく整備された環境にあり、県大会も毎年開催されています。パークゴルフは若い人や高齢者、女性や子どもも一緒に楽しめる“三世代スポーツ”として人気の高く、競技者にとってカップインしたボールの音がまた格別のようです。この印西市でも競技人口が増えつつあり、選手たちはマナーを守ってそれぞれのレベルに応じてパークゴルフを楽しんでいました。

千葉県ラグビースクール選手権(11.13)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-11-13 16:50
▽県内13支部から1000人を超える少年少女ラガーが平岡グラウンドに集まり、千葉県ラグビースクール選手権が行われました。グラウンドには10面のラグビー場が用意され、初日は小学校1年生〜4年生までの選手が学年別に分かれ、1チーム2〜3試合ずつ試合(1.2年生は5人制のタグラグビー)を行いました。これまでは(昨年はコロナ禍のために中止)一日で行ってきましたが、ワールドカップ日本大会でラグビー人気が沸騰したこともあり、各支部ともに部員数が大幅に増加。できるだけ多くの子どもたちを出場させたいという指導者の思いもあって、今年から部門を増やし2日間の開催となりました。ぽかぽか陽気となった今日の平岡グラウンドはラグビー一色の一日。応援に駆け付けた保護者から「タックル!走れ!回せ!…。」といった声援が飛び交う中、選手たちは次々とトライを重ねていきました。▽リオオリンピックから男女7人制ラグビーが正式種目となりました。この日も男子に交じって女の子がプレイするチームが目に付きました。昨年9月に急逝した元日本代表湯原祐希選手を始め、多くの選手を輩出してきた印西ラグビースクールも60人の部員を抱える大所帯となり、この日も全部門にエントリー。小学生からラグビーに親しむ機会を増やし、育成していこうという指導者たちの熱い気持ちを感じました。明日は5.6年生の部が行われます。

寿野球千葉県大会(11.7)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-11-7 18:38
▽第31回寿野球千葉県大会3日目は、準決勝・決勝が本埜スポーツプラザ球場と印旛中央公園球場で行われ、Aゾーンは高津倶楽部(八千代市)、Bゾーン(敗者戦)は和野球クラブ(栄町)が優勝しました。Aゾーンの高津倶楽部は、5−5の同点で迎えた終盤6回に佐倉クラブから一挙4点を奪い9-5で快勝、みごと連覇を果たしました。

寿野球千葉県大会(10.24)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-10-24 20:10
▽朝からさわやかな秋空が広がった24日、県内から16チームが参加し、第31回寿野球千葉県大会(参加資格45歳以上、平均年齢50歳以上)の1回戦8試合が、本埜スポーツプラザ球場と印旛中央公園球場で行われました。今日勝ち上がった8チームがAゾーンに、敗れたチームはBゾーン(敗者戦)に回り、11月7日に準決勝・決勝が行われます。印西市からは5チームが出場、ともに1回戦を快勝した印西ブルースカイズと小林エンジョイズが、31日(日)に行われる準々決勝に進出しました。

印旛郡市中学校駅伝競走大会(10.19)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-10-19 20:33
▽第74回(男子)第30回(女子)印旛郡市中学校駅伝競走大会が佐倉市岩名運動公園周回コースで行われました。(男子:6区間19.1 34校43チーム出場 女子:5区間13.0 26校30チーム出場) 女子は、昨年県大会6位入賞の西の原中が2区でトップに立つと、3区以降も堅実な走りで後続を引き離して4連覇。男子は、1区12位と出遅れた西の原中が徐々に順位を上げ最終区で逆転、悲願の初優勝を果たしました。男女ともに制した学校は、2010年の成田西中以来12年ぶりとなる快挙でした。女子の部で木刈中が最終区で追い上げ2位(県大会出場)に入賞するなど、印西市の中学生の頑張りが目を引きました。県大会は11月6日(土)に柏の葉運動公園周回コースで行われます。▽非常事態宣言延長の影響で、今月に入ってやっと部活動が正常に戻った学校も多く、厳しい条件の中でのレースでした。参加校も例年より10校近く減り、昨年以上にコロナの影響を感じさせる大会となりました。

秋季市民大会(10.3)

カテゴリ : 
各種大会
執筆 : 
intaikyo 2021-10-3 17:57
▽17チームが参加し、8月29日にスタートした秋季市民軟式野球大会は今日が5日目。松山下公園球場で準々決勝が行われ、「Rady bugs」「BRUESTARS」「NINENCE」「Ecstasy」が、17日に行われる準決勝に進出しました。▽陸上競技場では、市民サッカー大会1回戦3試合が行われました。勝ちあがった3チームが17日に行われる決勝リーグで対戦します。昨年は新型コロナウイルス感染予防対策のため中止となりましたが、今年は台風一過の青空の下、青々とした芝生のグラウンドで思い切りサッカーを楽しんでいました。
« « 2021 12月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1



-天気予報コム-
Copyright 2008 @s@270-1367 sYQVT